FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

まず、画面の分割から始まる <大人コース 中・上級レベル> ‘08/11/25(火)
   絵の描き出しは、すべからくここから始まる。

この感覚を育てているのが、デッサンである。デッサンを基礎と考える考え方は、ここから来ている。

   なぜか、デッサンというと、忠実にものを写し取るように考える人が多いが、実は、その基本的な役割は、分割なのである。
   そして、この分割を絵の一番最初の作業と考える人は、少ない。
初心者はともかく、中・上級レベルの者でも、最初の分割は案外簡単に通り過ぎる。

   そこで、そうではないと、クドクド言うのが今回の話である。

このことは、以前初級レベルの「デッサンは、まず、タテヨコに十字を入れる」で述べたことであるが、ここでは、デッサンではなく、実際の絵の中での話とする。
   似たような話なので、クドクドと思う人もいるかもしれない。

それほど、画面の分割は重要なことである。

   この画面の分割に、アイデアがあるかどうかで、絵の良し悪しが決まることもある。
   ユニークな絵は、必ずと言っていいほど、この画面の分割が絡んでいる。
これは、なぜかと言えば、発想するという行為の中に画面の分割も入っていることが、ほとんどだからである。

   つまり、頭に浮かんだ時、画面の分割、言い換えれば、構図も一緒に浮かぶのが普通だからである。
   確かに、発想は、部分で浮かぶこともあるだろうが、しかし、それはほとんどの場合、描き始めた途中に浮かぶ第二以上の発想の場合が多く、第一発想は、描き始める前の最初の発想なので、全体のイメージ画像として、当然構図込みとなる。

   言い換えると、全体のイメージ画像は、構図の発想と考えても良い。

さて、ここで、初級レベルの「デッサンは、まず、タテヨコに十字を入れる」の中で、述べたことを、抜粋しよう。

   <前略・・画面の分割が大事と言っても、ピンと来ないことだろう。
そこで、ここで覚えておいてほしいことは、画面の分割が上手ければ、後の作業は未熟でもいいということである。このこと、いたって大事である。

   皆さんが、知っている各時代の巨匠たちの名画を見る時、どこを見るのか?

美術館でもいい、名画集の写真でもいい、一番最初に目に飛び込んでくるのは、実は画面の分割なのである。つまり、構図である。

   他の絵の構成要素は、その後に目に入る。そういう順番である。構図にアイデアがあるから、その後に目に入る、その他のものが生きるのである。

   それで、分割(構図)が一番大事であるということになる。・・・後略>

ここでは、構図がいかに大事であるかを述べている。
   一つの絵が完成するまでには、様々な要素が必要である。全体的な構成要素から部分的構成要素にいたるまで、アイデアを盛り込まないとならない。

   作品を完成させると言うことは、一軒の家を建てるのに似ている。家を建てるには、まず、土台作りがしっかりしていないとならない。そして骨組みであろう。
   内装が、どれほどすばらしくても、土台と骨組みが弱くては、家として成立しない。

   土台を、マチエールと考えると、骨組みが構図であろう。内装が、各部分と置き換えられる。
   土台がしっかりしていて、感じのいい外観を持つが家がある。家の中は、これも好印象の内装、機能的な配置。そんな家に住みたいものであるが、専門家でない限り、自分で設計・建築をすることは出来ない。

   しかし、絵を描くということは、一軒の家を建てるのと同じである。ほとんど、同じと思えるぐらいの作業手順である。
   それなら、絵の構図に当たる、家の外観(骨組み)が、大事であることは、お分かりだろう。骨組みがしっかりしていないと、家としては、危ない限りである。
   
   また、家の内装からいきなり見る人はいない。外観(骨組み)を見てから、中に入るのが、順番である。また、内装は、骨組みがあって、全てがある。これも順番である。
   
   そして、そこに他には見られないアイデアがあれば、言うことなしなのである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/502-6e58876e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)