FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

メモ魔の過ち<エピソード> ‘08/11/22(土)
   私は、何でもメモを取る。

手帳があって、それに、気が付いたことを何でもメモする。今日の予定・今日誰々に言うこと・尋ねること・今日中にしなければならないこと・明日すること・来週の予定・再来週の予定、来月の予定・再来月の予定・・・・・

   気が付いた時、予定が入った時など、マメにメモする。
今、書かないと以後忘れるという、考えが元になっている。

   この考え方は、私が30代にある人から、教わったことである。それまでは、紙切れにメモしたり記憶に頼っていた。
   メモするまでは良いのだが、紙切れは、どこかに行ってしまうことがあり、見つからないと大変である。
   メモする内容は、大抵頭に入ってない。だから、紛失すると内容を思い出せないことが、度々である。

   私より、五つ先輩の人が、ある時こう言った。

「手帳に何でもメモしとけば、いいんだよ」
「手帳なら無くならないし、それに、記憶に頼ると、今日何をするのか、前の日から考えてないとならない時もある。だから、いつも忘れない努力が必要になってくる。それは、無駄なことだな」

   確かに、手帳にメモすれば、記憶を書き留めるだけでなく、記録としても残る。一年前に何をしていたかを、知りたい時もある。
   
   それに記憶に頼ると、時々記憶を整理したり、確かに、忘れない努力は必要になる。
   明日すること、明後日することを、その都度手帳にメモすれば、後は忘れていても良いことになる。
   朝起きて、手帳を見れば何をしなければいけないか、すぐ確認できるのである。これは、記憶細胞の開放である。そういえば、記憶細胞を使いっぱなしであった。

   この先輩の一言は、私には衝撃であった。そういう合理的な考え方に痛く感動したものである。
   私は、早速実行した。何でもメモした。そのうち、整理して書くことを覚え、急ぎのものとそうでないもの、思いついたこと、絵のアイデア、買うもの、買いたいものなど項目ごとに書くようになった。ビジネス手帳の始まりである。

   以来今日まで続いている。溜まった手帳の数も何十冊になるであろうか。

教室をやっていると、特に手帳の必要性を痛感する。
   教室は、案外雑用が多い。それは、記憶では、とても補えない容量である。
教室を始めてから、項目も自然に増える。
   
   私は、メモすることで精神的な安定を図っていると思う。しなければならない雑用がハッキリしていれば、逆に時間も出来るのである。時間の有効利用は、具体的な予定の上に成り立つものである。
   
   それで、自他と共に認めるメモ魔になった。

しかし、便利なはずの手帳にも落とし穴はある。

   ある時、キッズコースに通う小学3年生の男の子が、無断で休んだ。翌週、なぜ無断で休んだのか、尋ねた。
   その子は、先々週、つまり休んだ週の前の週に、来週は休むと言って帰ったと言う。
   他の子が、助け舟を出した。
「先生! そういえば、そう言って帰って言ったよ」

   先生は、困った。手帳にはメモがない。記憶もない。何もないのでは、これ以上の議論は無駄である。
   なぜ、メモしなかったのだろうと思った。子供達が帰る時間なので、バタバタしており、メモし忘れたのか。

   こういう時、メモ魔は、ふと不安になるのである。なぜなら、覚えていなくて良いようにメモするので、記憶としてはまるで残ってないのである。
   だから、メモがないと相手の主張を丸呑みしないとならなくなる。

これは、記憶することを放棄したための弊害である。

   子供達が帰った後、もう一度手帳を調べた。確かに先週休んだ日には、メモ書きはない。
   だが、休んだ週の前の週、つまり、「来週は休む」と言ったその日に、「Kくん来週休むかも」というメモがあった。
   そのメモを読んで思い出した。「休むかも」だったのである。決定ではなかった。それなら、やはり無断欠席になる。

   私としたことが、休む週にメモすべきところ、言われた日にメモしたのである。当然そのことも忘れ、一週間経てば次のページになり、前の週のメモは、まず見ないものである。
   マヌケなメモである。見ないところにメモし、記憶もない。

メモ魔の過ちは、手ひどい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/499-83adf3a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)