FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

子供の絵と芸術 <キッズコース> ‘08/11/21(金)
   子供の絵を以って芸術だと言い切ってしまう人がいる。

さてどうだろうか?

   確かに子供の絵を見て、感動することはある。すごいと、思ったりする。これは、絵を専門にしている人に多い傾向だと思う。
   しかし、感動したからって、いきなり、芸術までいくのもどうかと思う。

そもそも、芸術と言うのは、子供向けではない。そこに無理がある。
   確かに、芸術は、純粋な心が、基盤になっている。子供ぐらい純粋なものはないので、その純粋・純度ということで、芸術が出てきたのだろう。

   もし、純粋でありさえすれば、芸術になり得るのであれば、子供の絵に優るものはない。小さい子ほど純粋である。
   純粋とは、世俗的傾向に惑わさられずに、自分の考えを全うする傾向を意味する。

   子供が、嫌だと主張することこそ、純粋である。これが嫌、あれが嫌と遠慮なく言うことは、純粋な自己表現であるし、大人は真似できない。

   これは、もうお分かりだろうが、小学生の話ではない。小学生は、純度からいったら、すでに、相当、世間慣れしていることになる。
   純度は、低い。

やはり、小学生未満、特に4才後半から5才までぐらいである。この頃の年代は、その純度が一生のうちで一番のピークを迎える。
   ほとんどの子を、天才と言いたくなる年齢である。
もっとも、芸術的な感性に近づく年齢でもある。

   さて、ここで、芸術について少しご紹介しよう。

芸術に必要な要素は、まず、前述の純度である。そして、作る、または、構築するという技術的なこと、最後に年齢がくる。
   この年齢は、当たり前のこととして、考えられるので、指摘する人はいないが、ここでは、特に必要なので付け加える。

   要するに、大人のセンスが必要であるとの意味になる。
この三つの要素が、芸術をするに当たって必要だと言う話である。

   ところが、この要素の中に、敢えて入れてない要素がある。それは、オリジナリテイーという要素である。つまり、個性のことであるが、独自の発想とか、独自の表現方法といったものである。

   これは、芸術論を語る際に、なぜか省かれる要素である。
芸術は、皆が公平に目指し、行うことが出来るという考えに基づくもので、オリジナリテイーがないと、芸術にならないとすると、ごく一部の才能ある者たちのものと、なってしまうからである。

   それは、開かれた芸術の観点からすると、まことに具合が悪い。
才能がない者は、芸術をしても意味がないことになる。

   話が長くなるので、これくらいにするが、このオリジナリテイーが、既存の芸術作品の必要要素であることは、確かである。
   そして、このオリジナリテイーと純度だけの組み合わせで、アートと呼ばれているものがある(アートと表現を変えたのは、芸術との表現では、少し違和感があるのと、重たいためである)。

   それが、アフリカンアートに代表されるエスニックアートであるが、もう一つここに、子供の絵が、挙げられる。
   つまり、子供の絵は、その純度・個性において、芸術とは言いにくいが、アートという言い方なら、言えるということである。
   それほど、すばらしいと言える。

子供に芸術は、無縁である。それは、確かである。しかし、その産み落とされた作品は、相当芸術的であることも、確かである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/498-a211b2b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)