FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

スケジュール表がない <キッズコース> ‘08/11/19(水)
   子供達が来て、最初に言うことは、「今日何するの?」である。
必ず、皆聞く。そして自分の気に入ったものだと、「ワアー」と言って騒ぐ。

   わが、教室には、月間スケジュール表がない。だから、子供たちも教室に来ないと何をするのか、分からないことが多い。
   月間スケジュール表は、いい面と悪い面がある。いい面は、作業が前もって分かるので、子供たちも準備しやすいことだと思う。主催者側もやりやすい。

   悪い面は、画一的になりやすく、作業の遅い子は、常に置いてきぼりにされることだろう。

   では、月間スケジュール表がないと、まず、主催者側は大変である。その時の進行状況に合わせて次週の予定を決めるので、行き当たりばったりである。
   しかし、画一的に陥る事はなく、また、作業の遅い子は、常に置いてきぼりにされることもなくなる

   作業の遅い子は、ともかくとして、はたしてどちらが良いのであろうか。難しいところである。
   なぜ、わが教室は、そのような行き当たりばったりなのか、といえば、訳はある。

   5年前、初めて教室を始めた時、私は大人専門の講師で、子供を教えるのは、初めてであった。以前にもこのことは書いたが、近くに小学校があったので、ついでに募集したという経緯がある。

   だから、その場限りの手探り状態で始まり、今日に至っているのである。その方がやりやすかったのである。なぜなら、子供に対する知識や、メニューが多くないため、計画的に出来なかった。それで、反応を見ながらの進め方のほうが、都合よかったという訳である。

   その後、私も試練と経験を積んだ。
それで、流動的なスケジュールは作るようになった。
   年間スケジュールも大雑把ではあるが、ある。
例えば、春から秋にかけては、各コンクールの出品作品制作で忙しいし、それが、片が付く頃が、丁度、7月後半から8月にかけて。
   すると、すぐキッズコースの教室展用の制作である。

秋のキッズコースの教室展が終わって、やっと、自由制作である。そこで、流動的なスケジュールが登場する。
   
   春から秋にかけては、子供たちの希望することを、中々やってあげられない。あれがやりたい、これがやりたいと、希望は増えるばかりである。
   その上、キッズコースの教室展である。

ここで、他の子がやっている事を見て、希望は、倍に膨れ上がる。それを、叶えてあげられるのが、秋から春に架けてになる。
   皆の希望は、てんでんバラバラなので、おのずと、流動的なスケジュールになる。

   それもいいだろうと、考える。
わがキッズコースは、てんでんバラバラの授業形態で始まった。だから、そういう教室でいいのではないかと、思っている。それが、わがキッズコースの特徴であるのかもしれない。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/496-6693f9b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)