fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

裸婦の描き方 <大人コース(初級)レベル> ‘08/11/11(火)
   わが教室でも、年三回特別教室というのをやっている。その中に、「裸婦クロッキー」がある。

   この教室にも、初心者で参加する人が増えた。確かに裸婦は、初心者には難しいが、私は、早く始めた方がいいと考えている。
   絵の世界では、人間を描く難易度は高い。なぜなら、人間にとって、一番身近な題材であるので、そこから受ける印象も具体的であるからである。
   つまり、どんな人間も、人間が一番詳しいのである。だから、不自然さは即座に見抜く。描き手からすると、生半可ではすぐバレてしまうことになる。

   以前に、大人コース中・上級レベルで、「人体の理屈」と言うのを書いた。
そこでは、人体の骨の話をしたが、あるべきところに骨はあり、ないところにはないと、書いた。
   当たり前の話だが、絵に描くと、その当たり前が、当たり前でなくなる。

裸婦クロッキーで、モデルさんを前にして、どこまで、その当たり前が描けるかといえば、経験したものにしか、分からないことであるが、変な人を描いてしまうことは、往々にしてある。
   理屈では、どうにもならない、現実である。

さて、そこで、初心者向けに簡単な描き方を、ご紹介しよう。
   裸婦クロッキーの基本は、立ちポーズである。絵に描いた時に、絵の中のモデルさんが、首尾よく立っていてくれれば、いいのである。

   そこで、まず、チャンと立っている絵を描くことに、神経を使おう。
そのためには、顔はノッペラボーでもいい。手足の指はなくても良い。頭部と胴体、手足だけの絵で良いのである。

   それなら、初心者でも描けそうな気がすると思う。
まず、そこから始めてみよう。
   立ちポーズは、立っていることが、一番大事である。子供がボー人間を良く描くが、難しかったら、ボー人間でもいいと思う。
   自然に立つということから始めて、なんとか立たせることが出来てから、肉付けすればいい。

   立たせることが出来たら、肉付けはそれほど難しくはない。萎んだゴム風船を膨らますように、少しずつに肉付けしていけば良いのである。

   さて、ここで、立つということの簡単な理屈を説明しよう。

まず、モデルさんが、直立不動で立っていたとする。この場合、両足に体重が掛かり、正面から見て左右対称である。
   そこで、休めのポーズを取るとどうなるか?

休めのポーズは、どちらかの足に体重を掛けることになる。直立不動の時の姿勢が、そこで、一辺に崩れるわけであるが、どう変化するのであろう?

   重要なのは、腰の位置である。腰がまず動いて、片足に体重が掛かる。腰を中心に、腰から上、腰から下の位置が決まる。
   頭の位置、肩の位置、背骨、両腕、右足、左足が、腰を中心に決まると言っていい。バランスを保つため、各部所が腰を中心にバラバラに移動するのである。

   と、まあ簡単に言うと、こういう話になる。
裸婦クロッキーを初めて描く方は、まず腰に注目してほしい。腰を、横に少し長い長方形と考え、それがどう変化するのか、よーく見れば、何となく分かってくる。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/488-b318da13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)