FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

考え事をする犬 <エピソード> ‘08/11/8(土)
   昔、阿佐ヶ谷の路地で、そういう犬に出会った。

私は、子供の頃に犬に噛み付かれた記憶があるためか、犬が苦手である。今までにも、何度か犬に手を差し伸べたことがあるが、それは、飼い主への社交辞令であり、犬へのお愛想もある。
   間違っても噛み付くなよ、という意味が込められている。

最近は、狂犬病対策から野良犬は、トンと見かけない。はずであったが、その鎖をしていない、単独行動の犬にバッタリと出会ってしまった。

   私がまだ独身で、杉並区の阿佐ヶ谷に住んでいた頃なので、二十代である。
阿佐ヶ谷近辺をご存知の方は、狭い路地がいくつもあることをご記憶であろう。
   ほとんど再建築不可の家々に囲まれた路地は、人がすれ違うのがヤッとで、消防署の火災時災害時危険区域に指定されていると、聞いたことがある。火災時に消防車は、どこから入るのであろうと思う。

   その、狭い路地で鎖をしていない犬に出会うとは、最悪のシチュエーションになる。
   辺りが暗かったので、夜だったと思う。

   アパートを出て、狭い路地を抜けた先に、阿佐ヶ谷駅近辺の繁華街がある。
その狭い路地を左に折れて、また狭い路地が続く。左に折れた時、すぐ見えたのが犬であった。
   
   薄暗い路地をコウベを垂れて、トボトボとこちらに向かってくる。
「どうしよう」と思った。この犬と、この路地ですれ違うのは、どう考えたって戴けない。

   お愛想を言う気もしない。第一飼い主がいない。手を出してガブリと噛まれたらそれまでである。
   懐柔策に出るか、逃げるか、猛スピードで考えた。

恐怖の実体が、刻々と私に歩み寄ってくる。冷や汗が出た。まだ判断を決めかねた。
   逃げても犬の方が早い。

その犬が2メートル足らずの所に迫った時、急に顔を上げ、後ろに飛びのいた。
   そして、来た道を一目散に逃げて行った。あっという間の出来事であった。
あとには、無言で立ちすくむ私がいた。

   一体、あの犬はどうしたのであろう。犬があれほど無用心とは思わなかった。こっちは、冷や汗を垂らしている時に、その犬は、状況に気が付いていなかったのである。
   相手は人間でなく、いわば獣である。人間より周囲の状況判断は早いのではないか。第一、そういう神経でないと生きていけないはずである。私のそばまで来て、やっと人に気が付くとは、なんと、無用心なことか。

   ホッとしてから、そんなことを考えた。

犬は、下を向いていたが、ちょっと横にしていたような気がする。考え事をする時のポーズである。では、考え事をしていたので、私に気が付かなかったのか?
   犬が、考え事をする? 何を?

そこまで、思い巡らしたが、結局、ことの真相はその犬とともに逃げ去ってしまった。
   そういえば、少し痩せていたような気がする。「腹減ったなー」と今晩の夕食の調達方法を考えていたのかもしれない。

   きっと、そうだな。元気のない様子でトボトボ歩いていたので、そう考えると、合点がいく。私は、この結論で満足した。
   
   駅前で、ご主人と散歩中の犬を見かけた。血色がよく元気だった。

なんだか、さっきの犬が、急に可哀想に思えた。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/485-d504c62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)