fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ある日、線の変化を教えた <キッズコース> ‘08/10/14(火)
   以前、在籍していた男の子の話である。中学に進学するため、6年生の3月でめでたく教室卒業したのであるが、6年生の時に、ある実験をしてみた。

   線の変化という難問である。

鉛筆一本で出来ることであるが、内容は、キッズコースレベルではない。大人コースレベルである。
   その子は、絵の上手い子であった。一つ上のお兄ちゃんがやはり、中学生になり、めでたく教室卒業した。6年生になる時、父親から電話があり、絵をもっとやらせてみたいと言い出した。もちろん本人の希望でもある。

   それで、キッズコースには珍しく、週2回来ることになった。

週2回来ると、色々なことが出来る。6年生でもあるので、技術系を多く取り入れた。
   その中の一つが、線の変化という問題である。

「鉛筆の線を、3cm間隔で変化せよ」というのが、問題である。
   初めはその理屈が飲み込めなかったようで、こちらの意図とは、別な描き方をしていたが、そのうち要領を覚えた。

   さて、どんな問題か説明しよう。

絵は、変化の連続で描くものである。大きい絵も小さい絵も、変化の間隔が違うだけであり、そのような変化は、画面を豊富にし、単純化を防ぐ効果がある。

   大人コースレベルであるが、さらに言うと、ドローイングの基本と言える。
ドローイングは、一回または二回塗り描法なので、一本の線の持つ重要度は高い。
   したがって、変化もより濃密になるわけである。

ドローイングにおいては、変化こそ命と言って過言ではない。それで、鉛筆による変化の練習はドローイングの基本となるわけである。
   それを、小学6年生にやらせてみるのである。実験的な意味がお分かりだろう。

絵画教室では、自然に競争が生まれる。絵の上手い子同士は互いを意識する。
   あいつより上手い。あの子より上手い。そう思いたいのであろう。
その少年もやはり、そう考えているようであった。だから、技術を教えてもらいたがった。

   小学生に大人の技術は教えない。それが、子供の絵の教室のルールである。
それで、このドローイングの基本を、教えた。ドローイングの基本は、技術ではなく知識である。
   
   何回か練習したあとで、四つ切の紙を渡し、横にした紙の左上から右に向かって線を描かせた。右まで行ったら、その下の段の左からまた始める。
   こうやって、紙の下まで線を描けというのが、問題である。

これを何枚か描かせ色を塗らせた。
   面白い絵が出来上がった。小学生レベルの絵ではない。少年も面白かったようである。

   少年に言った。「こんなことが出来るのは、小学生では君だけだぞ」

少年は、満足そうにうなずいた。彼へのプレゼントであった。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/455-b0fc3d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)