FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

二つの仕上げ方 <研究所レベル>‘08/10/3(金)
   さて、仕上げについて述べたが、引き続き、その仕上げには、二つの仕上げ方があるというのが、今回の話である。

   まず一つが、個展仕上げ。もう一つが展覧会仕上げである。

違いは、足し算か引き算かである。

   つまり、仕上げの時に、足し算するか引き算するかということである。分かりづらいことだと思うので説明しよう。

   個展の場合、自分だけの絵の展示なので、競争相手がいない。皆、素直に自分の絵を見てくれる。細かくも見る。それで、細かいことをしても見てくれる状況がある。
   これは、何を意味するかと言うと、絵の仕上げを、神経質に描いても、鑑賞者はそこの所を、ちゃんと汲んでくれる可能性があるという点である。

   普通、絵は神経質に描かれる。仕上げも神経質である。それが普通である。そうでないと描き手も、ペースを崩しそうである。
   イメージを確実に伝えがたいために、描き手は、仕上げの最後の最後まで、神経を配る。この感覚が、引き算を呼ぶと言って分かるだろうか?

   一般的な仕上げは、引き算で終わる。つまり、最後の最後に作品を落ち着かせるために、画面上の何かを消すのである。消すことによって、画面の安定を図る。
   ほとんどの場合、仕上げとは、引き算で終わると考えてよい。つまり、一つ取ったことによる、落ち着きで終わるのである。

   ところが、これが通用しないことがある。

展覧会である。

   展覧会では、自然に競争になる。自分の絵をアピールしないと、人は見てくれない。沢山の絵があり、沢山の傾向がある。個展会場ではじっくり見てくれた絵も、展覧会会場では、影が薄いなんてことは、日常茶飯事である。神経質な制作が一目を引くとは限らない。

   まず、展覧会場は、天井も高く、面積も広い。それは、思わぬ計算違いを生む。
自宅での制作では、迫力があったものが、展覧会場ではものすごく大人しく見えることがある。こういうことは、結構ある。

   特に、スペースの広い公立美術館や国立美術館では、当然の要領として、それようの作品を出品しないと、大人しくなってしまう。個展の絵をそのまま出品しても、まず目立たないだろう。

   つまり、展覧会用の制作は、別にあり、当然仕上げも別になる。
ここで、足し算の仕上げという話になる。

   足し算の仕上げは、これでもか、これでもか、の制作態度から生まれる。プラスしまたプラスする積極的な制作は、仕上げも最後の最後にプラスしたところで終わる。
   飽和状態が溢れる瞬間まで足し算すると言えばお分かりか?そこまでしないと、会場では人にアピールしないと言って過言ではない。

   良い絵を描けば良いという問題ではない。展示空間によってアピール度が違うのであれば、空間に合わせた制作をしないと、伝達効果がない。
   伝達が絵の本分である以上、空間を意識した制作は当然である。したがって、仕上げ方が変わるのも当然であり、それが、足し算と言うわけである。
   これが、展覧会仕上げ。

お分かりだろうか。二つの仕上げ方がある。それは伝達効果を考えると二つになるということである。研究所レベルは、プロ志望である。このことを忘れぬように。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/444-8612fa9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)