FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

絶句のあと <エピソード>  08/9/27(土)
   生徒さんの絵を見て、絶句することがある。そういうことは、珍しいことではない。

絵画教室の先生で、厳しい先生がいると言う話を聞いたことがある。
   例えば、生徒さんが持ってきたモチーフをけなしたり、するそうな。こういった厳しい指導は、絵画教室では、私は愚かな行為としか思えない。

   職人の世界では、厳しく指導する。怒ったり、怒鳴ったりして、弟子を鍛える。これはどういうことかといえば、職人は、金を取ることを前提にした職業である。お金を取れるようになるためには、相当の覚悟がいる。それで、厳しい。

   物事の理屈は、単純である。

アートの世界は、少なくともお金の保証は、出来ない。自ら修行して絵を良くしていく道なので、何年掛かるか分からないし、何年掛かっても一向に構わないのが、アートの道でもある。

   したがって、厳しくする必要がない。

ここが違うのである。だから、厳しい先生は、先生本人の趣味の話で、アートとは関係ないことになる。厳しくするのが、好きなのだろう。


   わが、教室に研究所というものがある。厳しい指導だと謳っている。
研究所はプロ志望コースなので、ここで言っている厳しさは、アートを学ぶための厳しさではない。プロになるための厳しさである。それは、必要である。どういう自覚を持っているかは、考えなければならない。

   だが、絵のことは、ゆっくり熟成を待つ。そういう意味で、絵の熟成とプロ意識は分けないとならない。
   プロ意識のほうが、熟成より問題が、簡単であると言える。わざわざ、厳しくしなくとも、厳しいことは、本人が自然に自覚する。それで良い。

   ただ、こういった自由な考え方が、生徒の皆に伝わらないこともある。
ここで、話が最初に戻るが、 生徒さんの絵を見て、絶句することがある。
   自由な制作は、自由な絵を生む。それが、見るに絶えないこともある。先生の資格を試される時でもある。

   先生の資格がどんなものかは、分からないが、色々な生徒さんがおり、色々なレベルがある以上、これ以上のレベルと線を引くことは、出来ない。
   先生の資格があるとすれば、いかに、勇気づけられるかであろう。希望をあたえること、元気にしてあげること、が出来ないといけない。

   余りにもひどい作品を見せられた時の、絶句のあとに、

「うーん、頑張りましたね。これでいいですよ。この調子この調子」

   と、言えるかどうかである。けなすのは、簡単である。生徒さんが頑張ったところを褒めてあげられるかどうかは、先生としては、重要な態度である。

   絶句のあとも、絶句では、先生業は務まらない。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/438-80bdaf36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)