FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ペン画の可能性 <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘08/9/24(水)
   ここでは、ペン画の可能性について述べましょう。

ペン画とワザワザ言うのには、理由があります。非常に細かい絵が描けるということです。
   エッチングなどの版画も細かい絵が描けますが、道具が大変です。それで、細かい絵を描きたい人のために、ペン画となるわけです。

   今は、文具も色々ありますので、ペンに近い細い線は、水性のマジックペンでも描けます。水性のマジックペンには、乾くと耐水性のものもありますので、着色も可能です。太さも、0.01ミリもあるようで、相当細いです。

   本当は、便利さからいうと、マジックペンになりそうですが、ただ、欠点もあります。
   先端の部分が、磨耗するとどうしても太くなる点です。
0.01ミリが、すぐ0.02ミリになってしまいます。それで、買い直しすると、結構高いものにつきます。

   そのため、ここでは指しペンの話ということになります。

指しペンは、ご存知のようにペン軸とペンの簡単な組み合わせです。それにインクを付けて描きますが、ペンの先端が磨耗したら、新しいのと交換すれば済みます。
   ペン先には、近年色々な種類がありますが、高くても100円以下でしょう。普通のものなら、50円ぐらいでしょうか。色々試してみることをお勧めします。

   ご年配の方々なら、何度か経験されていることでしょう。指しペンにも簡単な要領がありますので、慣れていることに越したことはありません。

   インクは、文章を書くようなインクでは、薄すぎです。文房具店で売っているのは、文章用が主だと思いますので、黒色だと画材屋さんで、真っ黒な黒(メーカーによってスペシャルブラックと名を付けているものがある)が、絵を描く上では適当です。
   また、デザイン用のカラーインクも豊富にありますので、色を多彩に使うことも出来ます。
   
   紙は、水彩などで着色しないのであれば、ケント紙などが丈夫です。すべりも良いですが、ただ、ケント紙は、水分を吸い込みませんので、インクが紙の上に溜まる状態のため、線が少し太ります。

   この線の太りを嫌うのであれば、画用紙ということになります。画用紙は、インクを吸い込みますので、線は太らずシャープな線を得られます。
   また、着色も出来るため、画用紙専用という人も、いるぐらいです。

さて、何を描くかです。

   絵を描くわけですので、文章を描くのに慣れていても、要領は多少違ってきます。ペンは、横に線が引きづらいです、縦線が一番得意なのが普通です。そこで、グルグル絵を回しながら描くやり方があります。
   まあ、それも慣れですので、自分の描きやすい描き方でいいです。

最初は、これも簡単なものが良いでしょう。簡単なものから、描き始めてください。
   最近は、マッチ箱を見かける機会が余りありませんが、マッチ箱には絵が貼り付けてあります。あれが小さくて、描くのには丁度良さそうです。細く小さい絵が描けるのが、ペン画の魅力です。

   身近にあるもので、色々描けそうなものを探して見て下さい。
ペン画、これもまた楽し。

   ペン画の可能性に、レッツ・トライ!
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/435-2aeeff8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)