fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ドロ沼あり <大人コース 中・上級レベル> ‘08/9/18(木)
   この<大人コース 中・上級レベル>も趣味として絵を描いている人を、対象にしている。
   だから、解説も趣味の範囲以内に留めるのが適切であろうが、得てしてそういう風にいかない時もある。
   なぜなら、描いている本人が、禁断の地に、足を踏み入れることがあるからである。
   その禁断の地に、ドロ沼がある。

   絵の世界に禁断の地は、ありはしない。しかし、趣味で描いている人には、禁断の地が発生する。
   つまり、制作上の苦しみを味わうことを、禁断の地に例えている。

趣味で描いているのに、どうして苦しまなければならないか?
   禁断の地とする所以である。

これは、以前<大人コース 中・上級レベル>の「壁に当たったら?」で述べたことに、近い話である。その中の一節を引用しよう。

   「絵を描き続けるとは、一本の道を歩き続けるのに似ている。たとえ趣味でも、同じである。中・上級レベルとなれば、歩いている道の様相も変わる。楽しい道から、次第に欲望の道へと変わっていく。その道は、歩く人の気持ちの変化に敏感である。

   (中略)
   
最初の道は、綺麗に一本に伸びた、真直ぐな道である。壁はもちろんない。そこを歩く人の意識、欲望で、道が変化するのである。」

   ここでは、制作上の壁の話であるが、趣味で描いている人も、その欲望によって、あらぬ所に行ってしまうことがある。高い壁もあるだろうし、ドロ沼もある。
   壁には具体性があるが、ドロ沼には具体性はない。何となく足元が重い。何となく前に進みづらい。何となく上手くいかない。何となく、何となく・・・・

   これが、ドロ沼である。 

このドロ沼にはまって、絵を止めてしまう人もいる。楽しくないから。
   それも、一理ある。趣味は楽しくなければ、趣味でない。
それもそうであるが、こういう考え方もある。成長を望むなら、楽しいことばかりではない。

   どう考えるかは、本人の勝手であるが、私が思うに趣味にも、趣味道があると思っている。趣味と趣味道とは違う。趣味道のほうが奥が深い。何でもそうだが、「道」と付いたら、奥が深くなり、当然、リスクは増える。

   そのリスクの中にドロ沼もある。

 中・上級レベルの制作には、ドロ沼が必ずある。
「ドロ沼あり」、の警告を読んで引き返すも良し、先に進むも良し。本人の勝手である。
   そのことを、とやかく言うつもりはない。人の情熱は、マチマチである。

ただ、指導する側も指導意欲というものがある。
   当然頑張る人に優しく、そうでない人には、厳しい。
習う側にも事情はある。そんなことは分かっている。分かっているが、例え趣味でも出来るだけ奥深く、出来るだけ有意義に、出来るだけ絵の世界を知ってもらえるようにと,指導する側は考える。

   さて、あなたはどう考える。

絵の世界は、深い。その深淵を覗くのも、趣味の一つの行く着くところかも知れないと、考えるが、

   どうか?
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/429-d4f1e864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)