FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

無神経は罪 <大人コース 中・上級レベル> ‘08/9/17(水)
   世の中に無神経と思われる行動、態度、言葉がある。

それについては、皆さん方も嫌というほどの経験は、お持ちだろう。
   今の小学生なら、空気を読めない子というだろう。K・Yと言うらしい。
その時の周りの状況を読めないことを、最近では、空気を読めないと表現する。これも、無神経を意味している。

   絵の世界では、無神経という言葉が、昔からある。絵の世界は神経質な世界である。絵を描いている人は、必ずどこかの神経が細やかになる。だから、制作に付随することとして、常識とされている。

   このことは、何を意味しているかと言えば、こと絵に関して、無神経と言う言葉は、禁句となっている。優れた制作は、神経質な体質を生む。それが、無神経では、絵を描く資格は、全くないことになる。
   人に対して、わざと言ったら最大の侮辱を意味している。

世の中に、無神経な絵だなと、感じるものは結構、巷に沢山ある。これは大袈裟ではない。
   それほど、絵を分かってない人、分かってないで展覧会に出品する人、それでもプロと公言する人は、多い。
   こういう輩が、絵を良く分からない人の混乱を呼ぶ。これが、絵に関わる現実問題である。
  
   絵の世界の無神経は、描いた絵に限らず、言動にもある。
例えば、こういう輩が、勘違いしたまま、強く自分の考えを主張すれば、一般レベルでは反論出来ないであろう。そういうものかなと、思ってしまう。
   
   絵の世界は、個人作業なので、ある意味個人の考え・主張は、擁護されている。だから、誰かが、強く主張すると、それは、一つの考え方となってしまう。
   実際、専門家がいるので、正しい考え方かどうかは、推し量ることは出来るが、一般レベルのそれも、巷レベルだと周りの人間は、飲み込まれることが多い。

   絵画教室は、そういう、考え方・主張に対する鑑定所の意味合いもある。「絵画教室」と看板を掲げることは、巷の混乱を整理し、正確な情報をアドバイスしますよという役目があることも、意味している。
   こういう、役目があることは、余り知られてない。しかし、結果的に絵画教室は、その役目を果たすことになる。王道は、邪道に目ざとい。

   さて、無神経がいけないことだということは、お分かり頂けたろう。絵の世界では、絶対にいけないことである。絵を描いている人で、無神経なのは、ハッキリ言って絵を描く資格はない。
   それは、味覚に鈍感な人が、料理をし、また、調子に乗って、料理を語るに等しい。
   もし、あなたが、その人の料理を食べる羽目になったら、どうする?

無神経は罪! お分かりだろう。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/428-e549abe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)