FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

日本人のアート <研究所レベル> ‘08/8/1(金)
   日本人としての一般的な国際的絵画評価はある。

やはり、その繊細さ、情緒感、そして、独特の表現にあると思う。

   アートは、その土壌が生み出す。これについて、異論はないだろう。だから、日本に住んでいるものの生み出すアートは、日本的であるはずである。
   それが、理屈だろう。しかし、実際は、案外混沌としている。

何故だろう?

   人の欲望は、ないものねだりである。当然と言えば当然だが、ないものをほしがる。お金がないから、お金をほしがる。簡単な話であるが、こと、アートの世界でも同じことが言える。日本的な感覚を持ったものが、外国の感覚をほしがる。

   西洋人が、逆立ちしても、日本的な感覚は手に入らない。これは、日本人としての自負ではない。事実である。
   美意識を含む日本的な感覚は、小さい頃から培われている。物心ついた時からであるので、成人した時は、相当に刷り込まれたものがある。おそらく死ぬまで抜けないだろう。
   その感覚は、真似して真似のできるものではない。だから、それを宝と考えたらこれほど安上がりな宝はない。
   何故それを利用しないか。

真似して真似のできるものではないのは、外国文化も同じである。上っ面を真似しても理解したことにはならない。おそらく我々には分からない感覚的チグハグがあるやもしれない。

   では、感覚を理解していると、どういうことが出来るか考えてみよう。
真似が真似なら理解していることと、どこかで決定的に違いがあるはずである。
   
   思うに、進化することができるということではないか。以前このブログでも書いたことであるが、理解とはそういうものである。
   それは、根本的なことを覆すことが出来る。そういうことが出来るのである。上っ面を真似した者にはそういうことは、出来ない。そこが違う。
   我々日本人が、日本的な感覚を持ったまま、時代の変化に対応することは出来る。それは、至極当たり前のことである。そもそも、日本的なものが、進化なしに今日に至っているのではない。時代に影響されて今日ある。

   それを可能にするのは、その元となる精神にある。元が同じならば、それこそ上っ面は、変化しても影響ない。文化とはそうしたものであると理解している。

   西洋美術もそうやって進化を遂げてきた。西洋美術に影響した日本人は多いだろう。しかし、西洋美術を変化させた日本人は、聞いたことがない。
    西洋美術は、西洋人によって、変化してきた。それが、その文明を理解すると言うことである。

   日本人には、日本人のアートがある。日本人としてやるべきことがある。日本人のアートは、日本人を以ってしか、変えることは出来ない。
   それが、日本のアートであり、日本の文化である。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/394-61ab0840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)