fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

田屋の休日(月)<日記> ‘08/7/28(月)
   この休みは、久しぶりの5連休である。教室の夏休みは、16連休。

生徒さんに、何処かにお出掛けですかと、毎年尋ねられる。「いや、制作だけ」と、いつも同じ返事をする。大体、夏に絵を描いてどうするんだと思うが、なぜか、いつもこうなる。

   毎年、一年を見通しての制作は、11月頃から始まる。明けて4月頃まで、色々な試しをする。今年は、この線で行こうと決まるのが、春。
   すぐ、スペイン展の出品になり、あれよあれよで、大きな制作は、7月にずれ込む。そして、そのまま8月を迎える。

   どこかで、ペースを変えないと、本当の夏休みは期待できない。
今は、旅行に行きたい。外国も行きたい。ここ数年、千葉と東京都から外に出てない。

   女房殿は、ウオーキングに夢中である。今日は、何処に行って来たとか、今度何処に行くとか、楽しそうに話す。この暑い夏にも出掛けていく。
   一緒に行こうというが、いつも断る。この暑いのに外をうろつく趣味はない。冬も同じ。
   
   一度、教室まで行くのに、歩いてみた。丁度1時間掛かった。足が、三日痛んだ。
   昨年のこの時期の日記に書いたことであるが、今年も、同じことを書こう。

何処か遠くに行きたい。冷房の効いた乗り物で。

<予告>
   
   さて、今週の予告です。火曜から金曜まで、<研究所レベル>です。土曜はエピソード。乞うご期待

(火) 夢の理屈は簡単 (水) 行李一杯に書く理屈 (木) 絵のこころと芸術との違い (金) 日本人のアート (土) 森のむこう <エピソード>
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/390-cbb7bd99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)