FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

ハイテンション制作 <大人コース 中・上級レベル> ‘08/7/18(金)
   テンションが上がっているほうがいいか、普通がいいかと言えば、これが、また難しい話になる。

   制作する上で、ハイテンションだとやりやすい気がする。
これは、あくまでも気分の問題で、私の経験から言うと、必ずしもハイテンションが良いとはならない。

   理由は簡単で、制作する時はクールが良いのである。クールな中の情熱こそ制作的と言えると思う。

   例えば、熱のこもったような絵を描こうとする時に、テンションが高いと、そのままの気分で描けそうな気がする。
   実際、熱のこもった筆使いになり、「うー」とか「あー」と声を出すと余計気分も出る。さぞかし感情の入った絵が出来上がったろうと思うが、残念!
   絵はそれほど単純ではない。意外と普通になってしまうことが、ほとんどである。

   ハイテンションと絵の良し悪しは、別だと言っておこう。

ハイテンション状態は、集中力が増した状態ではない。だから、ハイテンションとは、集中力は分けないとならない。
   集中力は、制作上必要不可欠である。しかし、ハイテンションは、どうか?

ハイテンションであると、制作に臨む時の気分がいいということは言えそうだが、それだけであろう。何かを保障するものではない。

   しかし、意外にもこのことを多くの人が、勘違いしている。 つまり、ハイテンションで、絵を描くのが良いのだと思っている。
   作者の気分が乗っているのに、それが絵に反映されないのは、どう考えたっておかしいと思うのが、普通であろう。気持ちは分かる。
だから、逆にいうとテンションが低いと良い絵が描けないと、思ってしまう。

   気持ちは分かるが、制作と言うものは、そういうものである。

制作は、もっとクールで冷淡なものである。気分でかけるほど、甘くないし、絵の良し悪しも、微妙である。
   体調が、悪いときに絵が良くなり、気分が良くなったという、笑い話のようなことは、結構ある。

   わが教室の、中級レベルの人でも、今日は調子(絵の調子)が悪いので、帰りますといって、時間を早めて帰る人がいる。私は何も言わない。本人が気が付くまで放っておく。こういうことは、経験するしかない。一見矛盾したような話なので、経験して納得しないと理解できない話である。

   さて、ここで一例として音楽の話をしよう。

音楽を演奏する時に、「のっている」という言い方がある。大体気分的なこと、テンションが高いことを言うのだが、絵では、こういう言い方はしない。
   
   しかし、もし、絵で、「のって絵を描く」という言い方があったとしたら、それはテンションのことではなく、明らかに集中力のことである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/380-ac031ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)