FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

みんなでやる作業、一人でやる作業 <キッズコース> ‘08/7/8(火) 
   教室のメニューにグループ制作というのがある。

グループで、大きな作品を作ってしまおうと、いうわけである。これは、みんな面白がる。
   これについては、「友達と作る制作」でも言ったことであるが、共同作業には、それなりの面白さがあり、楽しさがある。

   先週、メニューにある共同作業の順番が来たので、水曜教室を皮切りとして始めてみた。
   思いの他、皆面白がる。普段あまり喋らない子と、喋ることになったり、4人ぐらいのグループだと、まとめ役が出現する。

   教室としては、まとめ役は大体見当はついているが、子供たちに浸透させるには、良いチャンスである。まとめ役が子供たちの間でできると、以後の作業がやりやすい。子供たちにとっても、頼れる相手と確認する機会になる。

   男の子3人が好き勝手に大きな絵を描いていた。4年生二人と2年生である。4年生の一人がまとめ役になるはずだが、誰も意識してない。もう一人の4年生が好き勝手やっているので、あとの二人が文句を言っている。

   まとめ役の目星をつけた、J君にまとめるよう伝える。J君は素直に受け取る。好き勝手に描いていた4年生も従う。2年生はもちろんである。
   こうして、子供たちを誘導する。

   集団というものは、面白いもので、ある一定の方向を目指すものである。そのための納得がほしいのである。納得すると従う。子供も同じである。それで、誘導することが適当な手段となる。

   組織を動かす基本的な方法であろう。認知を誘導するのである。烏合の衆には、あっという間になる。だから、誘導してあげないといけない。

   共同作業には、他にも効果がある。個人を自覚する良い機会でもある。
お互いに、普段どういう絵を描いているか知っている。だから、共同作業になると、その組み合わせは、自然と考える。

   「おまえ、ここを描けよ」と言って、無意識に組み合わせていくのである。そういう意識は、グループ制作の一番の意義である。そういう意識が大事であろう。

   自分の絵ではなく、人と自分の絵の組み合わせを考えることは、大きく言うと人間関係の調和であり、情操教育の中での重要なポイントになると思う。

   さて、それでは個人的な作業について述べることにしよう。個人的作業にも重要な役割がある。

   個人的な、作業は本当は共同作業と背中合わせの関係にないといけない。なぜなら、個人的な作業は、共同作業ではできないことになるから。

   当たり前に聞こえるかもしれないが、個人で描くからグループで描くのが楽しいし、グループで描くから、一人で描くことが楽しいという、単純な理屈があるからである。
   つまり、個人的な作業は、自分個人に束縛され、共同作業は、グループに束縛される。
   
   束縛は、皆なんとなく分かっている事であり、例え子供でもこの束縛は知っていることだろう。子供はその生活を、大人以上に束縛されているからである。
   このように、団体と個人の両方の束縛を知るということは、子供たちにとって良いことだと考える。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/370-462d39a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)