fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

柱時計 <エピソード> 08/6/28(土)
   わが拙宅の和室に柱時計がある。

大正時代のものだと思われるが、八角時計と言われているもので、ゼンマイ式振り子時計である。ゼンマイを巻き、振り子を振らすと、チクタクと音を立てて時を刻み始める。

   一週間しかもたない。うっかりすると時計が止まっている。今の時代不便極まりない時計であるが、私の宝物である。

   船橋の骨董屋で求めたものである。捜してやっと買えそうなものを見つけた。
骨董は、新しい状態に近いほど高い。私の買った時計は、文字盤が所々剥がれ、骨董価値としては、低いのであろうが、私はそこが気に入った。

   手垢がついたような骨董は、時代の経過を思わせてくれる。新品同様の埴輪にどれほどの愛着を感じるだろうか。
   時代の経ったものが好きである。骨董の話であり、年代ものの人間は、女房殿一人で十分間に合っている。

   以前、東京都美術館でヨーロッパ美術の展覧会を見た。17世紀~18世紀あたりであるから、ルネッサンス美術より100年か200年ぐらい経っている。そこらあたりの巨匠と言ったらルーベンスであるが、ルーベンスの絵は少なかった。

   会場には、王様の肖像が多くあったが、中に民衆の暮らしぶりを描いた絵があり、そこの所で、足が止まった。
   超写実の絵である。当時の暮らしぶりを写真より如実に語っている。自分があたかも、その時代をタイムマシンで、覗いているような興奮を覚えた。
   これを描いた画家の目の前には、こういう人々がいたんだと思ったら、ジーと来た。

   時間の経過したものは、その時代の匂いがする。時間が匂いを運んでくるのであろうか。
   私が、骨董を好きな理由である。ただ、私の小遣いで買える範囲の骨董は、限られている。だから、骨董を趣味にする気はない。一つ二つで我慢する。宝物は、一つ二つが適当であろう。

   私のその宝物が、我が家で時を刻む。永久にとはいかなくとも、大事に使えば、50年、100年と、もつかもしれない。
   人間の寿命をよそに、幾代も主人を代え、時計だけがそのすべきことを何十年と続けていく。
   ロマンである。

大正の関東大地震を経験したかもしれない。昭和の戦争中も何処かの家の時を刻んでいた。その後、私が誕生した時は、何処で時を刻んでいたのであろうか。昭和を通り過ぎ、平成になり、おおよそ90年かそれ以上の年月を、ただ、時を刻むことだけに費やしてきた。
   その時計も、何も語ってくれない。何事もなかったかのように、いつも通りただチクタク・チクタク・チクタク・・・

   主人の想いとは裏腹に、黙々と、せわしなく時を刻む。
いつまでも、いつまでも、冷静に、正確に。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/360-08e77ea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)