FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

一気に描く <大人コース(中・上級)レベル> ‘08/6/11(水)
   これは、筆の話ではない。描き方の話である。

つまり、道具の話ではないので、筆でも、鉛筆でも、ペンでも、素手でもいい。この描き方の目的は、感情である。感情表現を主体とする描き方の話ということになる。
   主に、ドローイング描写の基本的な描き方といえる。

描き方にも、色々ある。ゆっくり描いても感情は出る。

   ただ、ゆっくり描くと、頭の回転の方が、速いので、描きながら考えがちである。考えながら描くのは、お勧めでないことは、何回も言ってきた。ゆっくり描く時は、描いているそのものに心を奪われている必要がある。

   何回も言ってきたことを、ここで又繰り返すが、制作は、考えなければならない時がある。この時は、考え抜く時なので、中途半端に描き始めない。

   考えて、頭の中を整理してから、描き始める。そして、描き始めたら、考える時ではないので、考えない。感じながら描く。

   これが、絵を良くするコツである。

もし、何処かの教室で、そうとは言われなかったとしたら、その教えている先生の制作態度に問題がある。
   簡単な話、良い絵は、必ず感覚的であり、考え抜かれている。これは、絵は感覚的であり、また、同時に作るものであるから。これを、ごちゃ混ぜにすると、描きながら考えるとなる。

   考えることは、感覚を押しのけるので、描きながら考えると感覚の出番は回ってこないことになる。

   これは、あくまで理屈であるが、実際的である。

考えながら描くことも確かにあるにはある。しかし、とても危険で観念的になりやすく、相当慣れていても、描き終えた後の代償は大きい。
   つまり、理屈で描いているので、描き終えたすぐ後は、理屈が合っているので良く見えるが、時間が経つとがっかりするのは、こういう描き方をしたときである。

   さて、スピードの話に戻そう。ゆっくり描くとどうなるかは、分かったと思う。
では、速く描くとどうなるか?

   文頭に、ドローイング描写の話をしたが、ドローイングは、非常に感覚的な描き方である。感覚的な要素を多く求めるので、描き方の基本は、考えるより速くである。

   つまり、頭の回転より速く描くことが、理想である。、ドローイング描写については、後日、研究所レベルで具体的な描き方を、講釈するつもりなので、ここでは、サワリだけにする。

   それで、サワリだけでいうと、感情表現を主体とする描き方は、一気に描くとなる。一気に考えずに、手の赴くままに描くということである。こうすると、感情が出やすい。

   一気に描く描き方があることを、ここで覚えてもらいたい。
絵が思うように描けないのには、理由がある。中・上級レベルの者は、そんな不満を抱いていることだろう。描き方一つで結果が違うことを、これを、読んで考え直してもらいたい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/343-8d486ae2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)