fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

迷惑な個展案内  <エピソード> ‘08/5/31(土)
   5月連休の時、部屋の掃除をした。

ここでもそのことは、書いたが、部屋の掃除をしていた時、昔の知り合いの個展の案内状が出てきた。
   昔から絵が下手な人で、私より5才くらい上で独り者のご婦人である。長年、絵を描いているせいか、素人であるが、本人はプロと思っているフシがある。

   その案内状の絵のひどいこと。男女が都会の建物をバックに立っているが、右端に下から上までコンクリートの電柱が描いてある。つまり、画面を分割しているのである。

   つい先日、大人コース初級で、「画面を二つに割るな」という文章を書いたが、このご婦人の絵が正にその典型的な例である。そのため、人物が窮屈に描いてある。画面を窮屈に描くのは、絵で一番してはいけないことである。

   こういう絵を絵の世界では、無神経な絵と言って、忌み嫌う。何年も絵を描いていて、そのことに全く気がつかないのは、才能以前の問題で、絵を描く神経の人ではないとしかいいようがない。

   それでいて、こういうタイプは思い込みが強いので、人の言うことを聞かない。
だから、絵の分かる人で、このご婦人にアドバイスする人は、おそらく、いないだろう。
   プロは、勘違いしている人を見抜くのはとても早い。絵を人目見ればすぐ分かる。そういうもんである。
   もちろん、私もしない。「頑張ってますね」と言ってサッサと逃げる。

これだけ根強い無神経なご婦人にアドバイスは不要である。だから、いまだかって、案内状が来る。本人はプロだと思っているなら、それはそれでいいが、こちらも相手にしないので、勘違いしたままである。

   それでも仕方なく、1回だけ個展を見に行ったことがある。
個展会場で、主催者本人に正直な感想を言ってはいけない。これは、ルールである。もちろん、批評めいたことを、言うなということであり、すばらしいと思えば、素直に言えばいい。

   この人の個展会場では、皆このルールに縛り付けられる。言葉が喉まで出掛かるが、全部、飲み込んでいるので、すこぶる健康に悪い。
   絵で、してはいけないことを、ほとんど全部やっているので、反面教師としては、極めて優秀である。それでいて、本人は上機嫌なので、あれこれ解説をし、聞いているものは、言葉を飲み込む。
我慢大会の会場と化す。

   不思議なのは、それでも絵は習っているらしく、先生がいるらしいことである。なぜ、先生がアドバイスしないのか、それとも、本人が言うことを聞かないのか、分からないが、  私が先生なら、他の趣味を勧める。

   こういう人が、世の中には実際にいる。恐ろしい事実である。

くわばら、くわばら!

   アート怪談(思い込みおばさん)の題の方が、良かったかも。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/332-cdb1d3f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)