FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

広い画面は大きい筆で  アートQ&A<大人コース(初級)レベル> ‘08/5/30(金)
   これは、当たり前のことだと思う。皆さんもそう思うだろう。

でも、実際はそうでない。不思議なことであるが、実際は、使っている筆を変えずにそのままが、意外と多い。

   小学生が水彩で、色塗りする時は、一本描きである。一本の筆でなんでも描く。大抵太い筆を選ぶので、細かい所は、細い筆で描きなさいと言っても、意味が分からない。
   この意味が分からないということ、お分かりだろうか?

おそらく、彼らは、塗ることに意味があると考える。描いている行為を楽しんでいるのか、塗っていることが全てなのか、筆を変える理屈が分からない。

   そのため、描きあがった絵を眺める子は、ほとんどいない。描きあがったら、そこで終了してしまう。
   つまり、描いていることに意味があるのではないか。小学低学年は間違いなく、そうである。

   大人と子供の違いは、この過程にあると思う。大人は、必ず確認作業をする。描いた絵の確認である。
   だから、細かい所を細い筆で描く意味が分かる。なのに、広い場所を細い筆で描く人は、意外と多い。

   やはり、要領がまだ、分かってないのだろう。説明すると理解するが、言わないとそのままである。

   だから、この当たり前のことを、ワザワザ書くことにした。

筆選びは、塗る作業の基本である。筆には、彩色筆といって、色付けする時の筆がある。
   大・中・小とあり、その塗る面積に応じて使い分ける。それが綺麗に色付けする要領である。
   広い画面を細い筆で描いては、筆の目が細か過ぎて、綺麗に塗れない。だから、筆を使い分ける。筆を使い分けるということを、まず、覚えましょう。

   また、横着していることもありそうであるが、論外なので、知識が無かったという人を対象にする。

   初心者は、色々なことに慣れる必要がある。
水彩にしろ、油絵にしろ、一本の筆で出来る範囲を知ることは、有意義である。一本の筆の限界を知ると、二本目の筆が生きてくる理屈がある。

   まあ、そうであるが、広い画面を細い筆で描くことに、疑問ぐらい抱いてほしい。絵を描くにあたって、筆は友達のようなものである。色々な友達がいて、自分は生かされている。
   
   だから、友達選びは、絵を描く上でも、大事となる。なぜ、筆の数が多いか、理由があるのですよ。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/331-7f4227c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)