fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

田屋の休日(日)<日記> ‘08/5/25(日) 
   昨日は、定例飲み会であった。

スペイン展に出品した後なので、心も軽い。次回作に早速取り掛かっている。
一つのことを終えた後で、すぐ次に掛かるのは、物事の要領であるが、同時に精神と肉体が極端に疲労する。そこのところの自己管理は、極めて難しい。

   絵も同じく、出品した後や、絵を描き上がった後は、テンションが高い。そのまま、次回作に突入するのが、一番制作的にはスムースであるが、小休止のタイミングを間違えると、心も肉体も限界に達しやく、バラバラになってしまう。

   気分的に、そのままどうなってもいい、という言う気分になる。もちろんそういう気分は正常ではない。そこが制作の怖いところである。

   絵描きが、はたから見て、気分屋に見えるのは、こういう状況の時であるだろう。正常ではない。
   でも、絵描きサイドから見ると、一番仕事をしている時になるので、厄介である。

   絵描きが、正常に見えるときは、大体仕事をサボっている時が多いが、私も年輪を重ねた結果なのか、最近ではコントロールできるような気がする。
   自分が、本当の意味での、プロフェッショナルになったと思いたいが、どうかは不明である。

   いずれにしても、私も、もうちょっと大人になりたい。今の私では、駄々っ子の感情を、いまだ心の隅に抱えているので、不安である。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/326-7a0c8059
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)