FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

理屈で考えよ <研究所レベル> ‘08/5/20(火)
   絵は、理屈で考えよ。

いままで、絵は感覚であると、さんざん言ってきた。絵には感覚と理屈があるとも言った。
   なのに、理屈で考えよとは、いかなることか?  感覚は、どうでもいいのか?

さにあらずと、言っておこう。

   さにあらずである。絵は理屈で考えるべきなのである。さて、どうしてか?

前置きが長くて申し訳ない。今回のテーマは、逆説なので前置きが長くなってしまう。
   なぜなら、絵は感覚的であることに変わりはないが、感覚を養うには、理屈が必要という逆の考え方があるからである。

   ここからが、本題である。

さて、絵を理屈で考えるとどうなるかである。もちろん、研究所レベルであるので、初心者が、いきなり理屈で考えるような状況のことではない。
   ある程度、絵を描いてきて、ある程度の、経験を有するものが、理屈で考えるとどういう効果があるかという話である。

   ずばり、その効果は、頭の使い方にある。理屈で考えよとは、頭を使うという意味になる。
   絵は、感覚であるといっても、感覚ほど雲を掴むような話はない。調子が良い時は、問題ないが、調子の悪い時は、感覚勝負は難破船のように指針を失いやすい。
   その上、調子の悪い時の方が、圧倒的に多い。

   だから、難破船にならないために、理屈で考えて、頭を使って行動せよとなる。
具体的な話をしてみよう。

   研究所レベルなので、抽象画を描いたとする。説明しやすいように、簡単な抽象として、画面の中に、○と△と×を描いたとする。

   まず、この三つの要素の配置である。そして大きさ、最後に色を決めたとする。
このような、作業をするときは、ほとんど、感覚である。
   感覚で、このようにする方がいいとか、こうしようとかアイデアを出しながら決めるのだが、ピタピタと決まるうちはいいが、迷い出だすこともある。
   問題は、迷い出だしたら、どうするかである。

感覚は、いつまでも続かない。そういうもんである。だから、次の感覚が芽生えるまでは、理屈で作業することになる。

   画面右に大きい○は、うるさいなとか、×は下がいいとか上がいいとか、考えると、理屈で考えていることになる。頭を使うわけである。

   こうやって配置を決め、大きさを決めて、色を塗ったらシックリこなかったとする。シックリこないと感じることは、感覚である。理屈で考えて、感覚で確認する。

   この、理屈で考えて、感覚で確認する作業こそが、絵の制作である。始めから感覚で作業することが、ないとも言えないが、それほど調子の良い時は、一年に1回あるかないかである。

   それを、待っているわけにはいかない。だから、理屈で考えることで、感覚と感覚を繋ぐやり方をすることになるというわけである。

   この場合、その理屈の考え方、頭の使い方がポイントになる。
頭の使い方はここでは説明しない。これは、個人差があり、愚かな者は、いくつになっても愚かである。こういうやり方があるということに、留める。
   
   さて、感覚は、待っていると中々芽生えないが、理屈で進んでいくと、ヒョッコリ顔を出す。おそらく理屈が、感覚を発生させる環境を作るのではないかと考える。

   だから、頭を使って、理詰めで絵を考えることは、結局感覚的な作業へと続いていく。その理詰めがもし間違っていれば、それだけ感覚の強烈な反撃を食らうだけである。

   このように、理屈と感覚の二つを使い分けることが、制作の一つの要領になる。

このこと、覚えておきましょう。いかに、理詰めで考えることができるか、さらに、いかに気の利いた頭の使い方ができるか。

   絵の良し悪しはそれで決まると言っても、過言ではない。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/321-5b055dca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)