FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

怨霊伝説 <エピソード> ‘08/5/17(土)
   テレビを見ていたら、怨霊の話をしていた。

平安時代、陰陽師の安陪清明が有名であり、ドラマ化されてたが、怨霊を 映像として捉らえてもらえると、「あーこれが、怨霊かと」思えるが、実際は、必ずしもそうもいかないらしい。
   それで、怨霊を一つのエネルギーとして捉える、もう一つの方法がある。エネルギーのない場所に、エネルギーを確認すると、それはあり得ないことになる。

   それが怨霊なんだと考えるわけである。本当にそうなのかは、分からないが、あり得ない場所に、あり得ないエネルギーを感知したら、怨霊のせいにする方が、分かりやすい。
   それを、「自然界には、まだまだ解明できない謎がある。」なんて学者先生にサジ投げられては、世の中つまらな過ぎる。だから、これは、是非とも怨霊のせいにしなくちゃ。

   さて、怨霊がエネルギーを伴っているとしたら、平安時代なんか格好の怨霊の居場所ではなかったか。

   その時代は、現に夜は怨霊の活躍する時間と信じられていたらしい。人間も一つのエネルギーの塊である。だから、人が多いと発するエネルギーも多い。自然、怨霊のエネルギーも吸収されやすい。

   だから、人の多い場所には、怨霊は現れずらい、はずである。人気のない場所こそが、怨霊の住処に相応しい。平安時代などは、いかにも人が少なそうだ。

   現代は、エネルギーだらけである。人も多い。怨霊の住める場所は限られる。もし、繁華街なんかに怨霊が迷い込んだら、ノイローゼになってしまうのではないか。

   そう考えていくと、あのテレビから這い出てくる怨霊は不自然ということになる。一怨霊のエネルギーより、テレビのエネルギーの方が大きいのではないか。一怨霊のエネルギーなどテレビのエネルギーに吸い取られてしまうと考えるほうが、自然かな。


   怨霊が時代に合わせて進化するとも思えない。やはり、人気のない場所を徘徊してこそ怨霊っぽくていい。

   都内から千葉に引っ越して来て、闇夜を知った。畑が多いので、真っ暗である。畑には外灯はない。
   この闇夜が、いにしえの遠い昔なら、人々の想像力を、さぞ刺激したことだろう。怨霊たちが、闇の中を飛び交う。

   かっては、この怨霊こそが、エネルギーであり、魑魅魍魎の闇の中のエネルギーであったのかもしれない。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/318-66fa343c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)