FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

考えない効果 <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘08/5/14(水)
   今度は、考えない効果の話です。

やっと、考える効果を分かったと思ったら、その次は、考えない効果?

   どういうことだと、お思いでしょう。考えない方が良いことって、何だと思いますか?  こういうことって、実際あります。

   そうですね、やはり例を出すのが一番でしょう。
例えば、比較しやすいので、また、チューリップの話にしましょう。
チューリップを描くのに、考えながら描いたら良い結果が出たというのが、前回の話、考えないで描いたら良い結果が出るのが、今回の話です。

   簡単に言うと、考えないで描くと、予想外のことが、起きます。考えて描くと意識的に描きますので、予想外のことは起きづらい。

   この、予想外のこと、または、予想外の効果を、考えない効果というわけです。
分かりづらいですね。噛み砕きましょう。

   絵というものは、予想通りに描けると、意外とつまらないことが多いです。チューリップの輪郭は、考える効果によって、何とか描けました。それで、色を塗り始めました。黄色、赤と花に色を付けます。

   花の輪郭を描く時に上手くいかず、考えてしまった反動で、色を塗り始めたら、無意識に色を塗り始めました。余り考えずに淡々と描いていた時、誤って、葉の色の緑が薄いので、緑を付け足そうとしたら、青い色を出してしまい、パレットの中で、緑と青とが混ざってしまいました。

   さて、困った。どうしようと思い、絵具の付いた筆をテイッシュでふき取ったのですが、ここからが、考えない効果の話です。

   テイッシュに付いた色が、結構深みのある緑だったのですね。葉の影の色をどうしようかと思っていたので、それを、そっと葉の影の色として塗りました。

   怪我の功名、結構、いい感じです。

と、言う話です。

   これを、失敗と見るか、偶然の産物と見るかは、人それぞれでしょうが、絵というものは、ある意味失敗がないと、上達しません。この例は、たまたま上手くいった場合ですので、偶然の産物という見方をする人が、多いでしょうが、結果はともかくとして、失敗はしているのです。

   当初の予定から考えると、失敗になります。では、予定どうりでは、どうだったでしょうか。おそらくこの方は、葉の影の部分は、緑に黒を混ぜたと思います。

   確かに、明度を落とすには、黒を使いますが、他の方法もあります。それを、失敗から学んだのです。

   私が、何を言いたいかお分かりでしょうか?

絵を描く上で、考えることも必要ですが、考えないことも必要なのです。偶然出来た色、偶然出来た形、偶然出来た色調等、絵の中に偶然の産物が多いほど良い絵が出来るのです。

   その偶然を導き出す確率は、他ならぬ「考えない作業」が一番高いのです。

ちょっと難しいかな。では、こういう言い方をしましょう。

   失敗は、明日の糧になる。必ずしも予定通りが良いのではない。だから、時には、頭を空にして絵を描いてみましょう。それも、あり。

   いかが?
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/315-fb190b4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)