fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

観念的に描くな アートQ&A<大人コース(初級)レベル> ‘08/4/17(木)
   またまた、これも、映周先生に言われたことであるが、私が、おそらく高校生のことだった思う。

   当時、観念的の意味は、すぐには分からなかった。当然、字の意味は、分かる年代ではあったが、「観念」がどうしていけないのかは、分からない。

   何かの絵を描いて言われたことであったので、その描いた絵が観念的であったのであろう。今となっては、覚えていないが、この時、絵の観念というものを、知った。

   絵が、観念的ではなぜいけないか?

では、観念について考えてみよう。辞書を引くと、観念(的)のところが面白い。<実際から離れて、頭の中だけで考える様子。へりくつ。>とある。
   なるほど、意味については、ほとんど、これで片が付く。

ただ、絵に置き換えると、ややっこしい。花を描いている時に、「観念的だ」と言われたら、どういうことか、分かるだろうか?
   具体例が出ると、「はて?」となることだろう。

辞書通りに考えると、実際の花から離れて、頭の中だけで考えていることになる。花を描いていて、頭の中で描くとは、どういうことなのであろうか?

   皆さんが、そうですね、夏のヒマワリを描いたとする。実際にヒマワリが目の前にある。それを描くのだから、普通に考えると、観念的になる要素はない。ヒマワリをこんななんだと、あらためて描くことになる。

   ヒマワリの花びらは、数が多い。順番に描いていくが、途中からサボり出すとする。ありがちである。
   途中からヒマワリの花は、ヒマワリのイメージで描いてしまうことになる。さて、描き上がったヒマワリは、ヒマワリの花になっているか?

   ここが、今回のテーマである。

リアリテイとは、何ぞや?という話になる。ヒマワリの花は、半分は実際の花を良く見て描かれている。残る半分は、ヒマワリの花のイメージで描かれている。
   これを、第三者が見た時に、どう感じるかである。

人と人とのつながりは、リアリテイで繋がっている。ヒマワリのイメージではなくて、ヒマワリそのものので繋がっている。もちろん、ヒマワリの話であるが。

   イメージは、本人の勝手な想像である。これは極めて個人的で、万人に共通なこととは、言い難い。

   ヒマワリの半分が、描いた本人のイメージで描かれた場合、人は共通項を見付けずらい。だから、半分は分からないということになる。これを観念で描いているという。

   つまり、辞書で言う、<実際から離れて、頭の中だけで考える様子。>ということになる。

   絵はメッセージであると、前に書いた。観念的では、メッセージにならない。したがって、絵の世界では、「こうしてはいけない」というルールに当てはまることになる。これが、「観念的に描くな」という説明であるが、お分かりか? 
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/288-d0df4d7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)