FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

絵は人を騙しているのか? <研究所レベル> ‘08/4/10(木)
   いきなり、唐突な題である。
なんのことか、皆さん驚かれたことだろう。説明が必要である。

   これは、絵は作るものである、という考え方があるが、それを、逆手に取った質問である。
   確かに、絵は作るものであると断言すると、標題のとおり、では騙しているのかと、思う者が現れても不思議はない。

   特に、絵は自然を描く、真実を描くというイメージがあるため、当然の質問かもしれない。見たままを、描けばいいのではないか。作るということは、どういうことか?
   当然の疑問であろう。

   さて、この質問に答える前に、絵というものについて説明しよう。
絵とは何であるか?

   ここから、出発しなければならない。
   
絵と、ご存知のとおり、二次元である。ここが、大事である。何かを見て描くとは、それが、目の前の景色にしろ、テーブルの上の情景にしろ、三次元の世界である。
三次元と二次元では、もちろん次元が違う。ここまでは、いいか?

   では、三次元のものを、そのまま二次元に置き換えられるかを、考えよう。答えは、「否」。となる。

   次元を超えるとは、大変なことであるが、絵は二次元の世界なので、こういったことは、しょっちゅうである。
   つまり、絵を描くとは、次元を超える作業であると、ほとんどの場合いうことが出来る。

   ここまでが、絵の説明である。
ここまでくれば、なんとなくお分かりだろう。

   三次元のものを、そのまま二次元に置き換えるためには、絵は作らなければならない。見たままでは、いけないのである。
   例えば、景色を見て、三次元の世界では、光が当たっていて、白く輝いていたので、白く描きましたと言って、良いかという話である。

   白く輝いていても目の前にあれば、三次元なので、奥行きは感じる。それを、二次元の世界で白く描いて、奥行きを感じるかという問題である。そこをアレンジしたら、実際に見たものと違うと、言い張る人がいる。

   デッサンでもそうであるが、見たとおり描いたのでは、ダメなのである。目の前のものを描く絵(抽象があるので、こういう言い方をする)の一番大事なことは、見た印象である。

   見たとおりではなく、見た印象が大事になる。印象で言えば、見たときの奥行きも含まれるので、二次元にしたときも、その印象を追いかけることになる。ここで、当然、自然にアレンジすることになり、三次元の印象が、二次元上に具現されるとなる。

   この印象を描くということは、アレンジすることであるが、アレンジすることは、ウソを描くことと誤解されやすい。ウソを描くなら、人を騙しているのではないかとの話になっていく。

   絵は作るものである。ものの真実を作るといえば分かるだろうか。

キチリと描かれた絵は、人を騙さない。むしろ、そのまま、描きましたという絵こそ、インチキであると言える。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/281-8acad864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)