FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

木炭紹介 <高齢者のための絵画指導(入門編)> ‘08/4/3(木)
   木炭(もくたん)の説明は、初めてですが何のことか、お分かりでしょうか?

これも、簡単にいいますと、字の通り木の炭です。昔、火鉢などに入っていた炭と考えて頂ければ、ほぼ当たっています。
   ただ、これも絵具としての滑らかさや強度を増していますので、炭の高級品と考えて下さい。

   さて、この炭で何が描けるかです。

炭ですので、黒の濃淡ということになります。一番近いイメージだと水墨画でしょうか。水墨画も黒の濃淡ですね。

   黒色は、ご存知の通り、渋い深みを感じさせます。全体が黒一色ですので、深い落ち着いた印象になります。木炭もパステルと同じように粉状ですので、紙にこすりつけながら描くことになります。やはり落ちやすいのが難点です。

   この木炭は、木炭デッサンと言って、デッサンの一つの表現方法として、良く知られていますが、鉛筆デッサンと違って、面を表現するのに適しています
   鉛筆で描くデッサンの場合は、鉛筆は細かい所まで描き込むのに適していますので、面を線の集合として表します。
   
   この説明は、ちょっと分かりづらいですか?

そうですね、すこし、説明が必要ですね。
   例えば石膏像と同じようなものを作るとして、細い針金でグルグル巻きにして、石膏像のような形を造ったとします。すると、石膏像の各面は、細い針金で形成されていることになりますね。つまり、線の集合です。

   これとは、逆に木炭では面の集合ということになります。これも、石膏像に例えますと、小さな四角や三角などの板を張り巡らさせて作る石膏像と同じ形、と言って分かりますか。

   つまり、面の集合です。

これは、何を意味しているかといえば、木炭は、ものを面の集合として捉える描き方をするのが、正解ということになります。

   さて、皆さんは、ものの形を面として捉えたことがありますか?

おそらく、経験がないと思います。大抵の人は、ものの形を線として捉えることでしょう。だから、形を捉える時は鉛筆を使うと思います。鉛筆で描き出すと、中々、面として捉えることは、難しいです。

   前述したように、面を意識したとしても、線の集合としての面になりますので、意識しなければ、線の集まりで終わってしまうことでしょう。面は何処かへ行ってしまいます。

   このように、木炭で描くということは、全く新しい別な描き方になるわけです。これは、ほとんどの方が知らない描き方です。
   ただ、鉛筆から木炭に持ち替えるだけで、別な世界の扉が開くと言ったら、面白そうではありませんか。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/274-83f8f6c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)