FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アートとは、もっと楽しいはずのものである <大人コース 中・上級レベル> ‘08/3/25(火)
   絵を長年描いていると、初心を忘れる。初心とは、楽しさ、感動、ワクワク感のことである。

   私事であるが、普段、目の前の悩み事に振り回されて、重箱の隅をつついているような毎日を送っている。

   創作の面白さは、発想にある。何かが閃いて、それにせっつかれるように絵を描き始める。今の今まで調子が悪いだの、暑いだの寒いだの言っていたのが、閃いた瞬間状況がガラリと一変する。

   よおーし!という気持ちになり、いきなり走り出す。なんと単純なことか。しかし、気持ちが低迷した時に、なぜかこのことを忘れる。
   発想するしかない時に、なぜか技術的なことと勘違いして、重箱の隅をつっつく羽目になる。何年やっていても同じ過ちを繰り返すが、私はこれが仕事なので、どうということはない。
   では、趣味で描いている人が、初心を忘れ、楽しさを忘れて、悩み出したらどうなるか。

   木曜教室で、昨年夏以来低迷し、お休みしていたAさんが、来月からまた戻って来ることになった。
   油絵を描いている中級者である。中級者の悩みは多い。悩みすぎて筆が止まってしまったのである。12月までのお休みを2月まで延長し、3月になっても現れなかった。

   教室の長期届出欠席の限度は、半年なのでとっくに籍は失っているのだが、Aさんに関しては、待つことにした。
   充分、頭を冷ましてほしかったからである。

   Aさんは、俗に言うスランプ。趣味で描いているのに苦しくなって、楽しくないというのが、お休みした理由である。Aさんは、最初、お休みの連絡をしてきた時に、「お休みしたいが、先生ダメか?」と言っていた。迷っていたのであろう。

   Aさんは、まだいい。他の人で、「お休みします」「辞めます」と自分で結論を出す人は、私の出番はない。まだまだ、未熟なはずなのに、もう描けないと結論づけるのは、浅はかというしかない。こういう人は、何をやってもこの調子でやるのだろう。

   本当のことを、手に入れることが出来ない人であると、私は思う。
人間誰しも悩む。当たり前のことである。趣味で始めたことも、気が付いたら悩みだしていたということも、当たり前のこととしてある。
   本人は、趣味なのに悩みだしたことに、驚いたのであろう。「エー!なんで?」と思ったに違いない。本人の計算違いが起こったのである。

   趣味なのに楽しくない。これは確かに、おかしな話ではある。しかし、習い事を長年続けてきた人は、「それもあり」と思うことであろう。趣味でもそういうことは起こりえることを、学んだ人である。

   「壁に当たったら?パート2 」<大人コース(中・上級)レベル> で述べたことであるが、ここに引用しよう。

 「そこに、壁があるのは、初めからあったわけではない。最初の道は、綺麗に一本に伸びた、真直ぐな道である。壁はもちろんない。そこを歩く人の意識、欲望で、道が変化するのである。だから、壁は自分が作った壁なのである。自分の向上心、欲望が生み出したのが壁となり、その強さが、高さとなる。」

   これを、読んで頂ければお分かりの通り、全ては自分が生み出すのである。それが、進歩というもので、趣味で描いていても状況は常に変わる。

   「アートとは、もっと楽しいはずのものである」

それなのに、なぜ楽しくないか?

   それは、本人には、重大な問題だろう。
だったら、こう考えよう。アートの本当の楽しさは、悩んだ末の先に用意されている。
   だから、悩み始めは、それに近づく第一歩であると。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/265-82fdc7f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)