fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

田屋の夏休み(火)-1「マチエールがマチマチ」 <エピソード>

  大人の教室で、油絵を描いてる人に、「マチエール」の話をした。


人の名前ではない。一般に「絵肌」のことである。言い換えると、画面上の最初の雰囲気作りとでもいおうか、下描きとは違う。


  この「マチエール」作りをして、描き出す人は結構多い。画面の雰囲気作りをしてから、描き始めるのが意図である。もっとも、油絵具らしい描き方であるが、これが、慣れてないと厄介らしい。 


  不慣れの人は、下書きをしたら、すぐ、色を入れ始め、大体塗り終わってから、細かく描き始める。これが、一番簡単な描き方だと思っているようです。実は一番難しい描き方なのです。なぜ、難しいか? 


  その描き方で、細かく描き始めるとする。例えば静物を描いてるとして、ガラスの瓶を描き、果物を描き、布を描き、描き進む。一通り描き終える。さて、ここで、何か足りない。


  迫力だったり、色合いだったり、全体がシンプルに感じられたりで、どうしようと、考える。これが、教室だと、「先生、この先は、どうすればいいでしょう?」と来る。つまり、その絵全体を、まず一つ上の段階に、持ち上げるにはどうするのかとの、質問である。そこが、問題なのである。


  絵全体を持ち上げることが、難しい。下から上へ一段階ずつ目指すのは、初心者には至難の技となる。慣れている人は、上から下なのである。上から下を目指すのが、簡単であり、合理的である。


  そこで、「マチエール」作りの話になる。最初に画面作りをして、画面をトップにいきなり持って行く。それから整理しながら、描き進む。一番簡単で、合理的な方法である。ところが、不慣れの人はこの整理が難しいらしい。どうやって、整理するのかが分からないという。


  わが教室で、このことで悩んでいる人は多い。しかし、こればかりは、経験するしかない。経験するうちに少しづつ分かってくる。


  ちなみに、わが師匠の映周先生は、マチエール作りはしない。そんな面倒な手続きをするのは初心者だと思っているらしい。いきなり描き始め、いきなりトップに持っていくのだが、描き方でいうと、下から上を目指していく。本当に絵のうまい人は、いつも雲の上なんだなア。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/26-e3267edf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)