FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

足し算と引き算  <エピソード> 08/3/8(土)
   これは、文化の話である。足し算の文化と引き算の文化の話である。

引き算の文化については、少し題目も、ニュアンスも違うが、二十年以上前に、韓国の学者が論文を発表しており、話題を呼んだ。ここでは、足し算の絵と引き算の絵の話とする。

   さて、足し算の絵と言ってお分かりだろうか?

これは、制作方式が、足し算ということである。制作していく過程でのことであるが、足していって、足しっていって、飽和状態になる寸前まで、足して仕上げるやり方のことである。

   16世紀のルネッサンス時代の絵を思い浮かべてくれると、なんとなくお分かりだろう。足し算なので、エネルギッシュで、飽和状態になるまで、執拗な制作を繰り返している。これでもか、これでもか方式というか、積み上げ方式である。

   この積み上げ方式は、世界中のいたる所で見ることが出来る。エネルギーの発露であり、生命力の発露である。生きている証を鼓舞するような制作方式は、当然といえば当然だろう。
   やはり、動物も同じようなエネルギーの発散の仕方をする。絵こそ描かないが、自らの存在を誇示するところは、同じである。もし、動物も絵を描いたとならば、当然、この積み上げ方式の絵になることは、想像するに難くない。

   人間も動物も同じ生命体として、生きていることを誇示することに、何の不自然さもない。
   したがって、この積み上げ方式は、命あるものの必然的な方式といえる。ヨーロッパ、インド・中国などを代表とするアジア、アフリカ、南北アメリカ、オーストラリアなど、世界中に共通する方式であり、現に文化としても絵としても証明されている。

   が、しかし。

一国だけ違う文化、違う絵のセンスをしている国がある。この国の文化の根底にあるのが、引き算。

   日本である。侘びさびの感覚である。
侘びさびと言われて、な~だと思うかもしれないが、侘びさびがピンと来なければ、一歩引く感覚といえば、お分かりか。日本での付き合い方の第一歩であり、個人を主張しすぎないという考え方である。
   今どきの小学生でも、この感覚は持っているので、今も通用する感覚と言って差し支えないであろう。

   一歩前に出る西洋的感覚と、一歩下がる日本的感覚(侘びさびが絡むので、アジア的謙譲の精神と違う)との差は大きい。二歩違ってしまう。
   この感覚が、侘びさびや、引き算と通じていると考える。

中世以降に形成された、侘びさびに代表される引き算的この美意識は、世界中のどの国にもある動物的な生命力と逆行するものである。
   当然、絵にも影響を及ぶす。

絵の制作方式で、引き算が出来るのは、日本人だけではないだろうかと考えてしまう。現在に生きる私でさえ、絵を引き算することの意味は、理解できる。実際にはやらないが、意味が分かるのは、どうしてだろうか。

   理解できるのは、私だけではないだろう。絵を専門としていなくとも、その意味することは、なんとなくでも分かるだろうと思う。
   それは、日本の風土が生み出したというより、日本の教育制度の中に染み渡っていることが考えられるし、人間関係、伝聞、伝承、伝統、全ての中に、染み込んでいるのではないかと思う。

   引き算された文化、引き算された絵の中に美意識を見出せるのは、日本人しかいないと思うがどうであろうか。
  
   これは、とてもユニークなことである。こと絵に関して、この感覚を使わない手はない。
と、思うのだが、洋画の積み上げ方式を教わった私には、ちょっと時間が掛かる。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/248-a42cd0be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)