FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アートQ&A「絵を描く資格は誰にでもあるか?」<大人コース(初級)レベル> ‘08/2/5(火)
   この質問は、ある皮肉をもって言っていることである。

私でも皮肉は言う。
   昔、私が若い頃、Tさんという大変真面目な人がいて、この話は、そのTさんにまつわる話でもある。

   このTさんは、真面目で、几帳面で、綺麗好きであった。Tさんは、男性である。このTさんに、私は自分の絵を見せたことがある。

   Tさんのコメントは、「この曲がった線は、真直ぐにならないの?」というものであった。およそ絵の世界で、几帳面に描くという言い方はない。帳簿を付けているわけではないからである。

   不必要な几帳面さは、不必要である。それが、絵の世界。と言いたかったが、言わなかった。言っても無駄なような気がした。
   彼は、絵の本質より、外面的な整理を好む。曲がった線(グチャグチャな線)より、真直ぐな線を好む。曲がった線が効果的であるかないか、そんなことは、問題ではない。真直ぐがいいのである。
   こういった、人間の存在を知らなかったので、当時、随分驚いた。異常であるとさえ、思った。

   私が、言いたいことが、分かるだろうか。こういった人間は絵には向かない。資格もないであろう。ちょっと言い過ぎではあるが、絵の指導は、諦めねばならないタイプの人間であろう。こういう人は、どう考えたって珍しいと思う。

   私が知る、Tさん以外の人間は、絵というものを良く知らないだけで、本人が希望すれば、充分絵の知識が増す人間達である。私はそう思っている。
   あえて、タイトルに「資格」の文字を入れたのは、特殊な人が、広い世間にはいる、ということを言いたかったのである。

   情熱という文字がある。いい響きの言葉である。何かをしたいと思うときに、原動力となるのが、この情熱である。だから、人間は、あらゆる可能性を秘めている。自分が望めば、自由に色々な世界を覗くことができる。それが普通であろう。

   絵を始めたばかりの、皆さん初心者の方は、情熱はあるが、絵には向かないのではないか、才能がないのではないか、余りにも上手くないのではないかと、思う人がいるかも知れない。   そして、大袈裟に考えると、資格がないのではないかと、心配してないだろうか?

   皆さんが、Tさんのような、特殊な傾向がない限り、また、プロを目指すのではない限り、この心配はない。断言する。

   また、上手くないかどうかは、皆さんが、まだ絵を描いているとしたら心配ない。というのも、こういう話がある。

   ある時、わが教室に大人コースの「お試しコース」で来た人の話である。
「お試しコース」というのは、わが教室でやっているイベントで、1,000円払うと、2時間づつ2回、全部で4時間を材料費込みで、できるというもの。

   ほとんどの、人がこれをお試しして、入会する。大変、お得なわけで、「お試し」なので、入会しなくてもいい。だから、「お試し」を途中で止めることは、普通、考えられない。

   しかし、今まで一人だけいた。この方、五十代の方のようにお見受けしたが、一回目のお試しの時に、水彩を希望した。水彩の「お試し」は、初心者の場合、私の描いた簡単な水彩見本を写してもらう。でも、本人が、難しくて描けないというので、絵手紙見本に切り替えた。一番簡単なものを選び、二枚描いてもらった。

   正直言うと、これが、群を抜いて上手くない。絵手紙見本は、年配の方の絵画サークルで使っている見本なので、描けないということは、年齢的にもないはずである。

   それが、上手く描けない。この方は、本人の希望を裏切るように、能力が劣っていたことに、「お試し」で気が付いてしまったようである。

   一回目の後、しばらくして、止めますと、連絡があった。大変珍しい例である。私もこれには、驚いた。「お試し」を止めるのだから。

   こういう方が、いわゆる資格のない人かもしれない。

絵の世界に、それも趣味で描くのに、資格なんて、あろうはずがない。しかし、やはり、世の中広い。断言できないことってある。   ほんと!そうである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/216-0d74610b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)