fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

左手を描く <高齢者のための絵画指導・入門編>
   当然、右利きの人の話であります。右に鉛筆を持っているので、左手を描くということです。
   私が、小学生の時に左手を何枚も描きました。多分、小学四年か、五年だろうと思う。なぜ、手を描いたのか、今となっては、思い出せないですが、隣に住んでいた同じく小学生の兄弟に見せて、「上手い」と言われ、得意になっていたことは、覚えています。

   今、思うと、手を描く練習をしたのは、正解です。絵の世界で、モチーフとして描くのに、一番難しいのは人間です。風景画家の非難を甘じて受けながら言いますが、人間が一番難しいことになっています。

   その人間を描く上で、一番おろそかになるのが、末端です。つまり、手とか足ですね。先っぽの方ですよ。
   我が教室では、裸婦クロッキー特別教室というのがあり、年に三回開催してます。そこでは、生徒さんに、裸婦をスケッチしてもらうのですが、人間の形が取れてきても、末端の手や足までキチッと描ける人は、ほとんどいません。
   当然、時間の制約があるので、そこまで、描く時間がなく、末端が二の次になってしまいます。末端は、いつも不勉強に終わってしまうわけです。

   でも、末端は、描くと意外に難しいのです。人間の形の中で、手や足は、特別な形をしてます。指もそれぞれ5本あるので、数としては多い。また、手の形だけでも、他の、頭や、胴体、四肢とは異なった複雑さがあります。足首から下に至っては、ちょっと角度を変えただけで、手の形を超えた難しさがあります。

   これを、描くことは、とても勉強になるわけです。ですから、左手だけでなく、両足も描いてみましょう。

   まず、描き方ですが、手の場合、手の甲を中心に考えて描くと、描きやすいです。甲を描き、それから指の順で。または、甲の裏を描いてから、指を描く。

   ただ、親指とその他の四本が一塊になる、毛糸の手袋がありますが、あれが、イメージできればもっと描きやすいです。全体をつかんだ形として捉えるのが、基本ですから。    
   それが、イメージできれば、指の長さがマチマチになることを、防げます。

   足の場合が、少し厄介です。手の場合と違って、足の指はそれほど気になりません。問題は、足の甲にあります。皆さんは、靴の変形を防ぐための木枠は、ご存知でしょう。形としては、あれなんですね。

   まあ、足は、左手より状況的には、描きやすいので、練習してみてください。この場合、11月27日の「形のとり方」で、説明しました梱包方式がいいでしょう。

   上述しましたとおり、末端練習は、おろそかになりがちです。暇つぶしでいいです。やってみて下さい。そういう練習をしておくと、いざ、外でスケッチしている時に、必ず役に立ちます。実際、そういった細かい所が、ある程度でも描けていると、上手く見えるものです。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/203-3dad2d62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)