FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

考え方が大事  <大人コース(中・上級)レベル>
   絵の世界には、正しい考え方というものがある。

いつも言っていることだが、こうしないといけないと、いうルールはない。こうしてはいけないと、いうルールがあるだけである。何百年かで、先人達が学んだことが、ルール化されている。
   「こうしないといけない」ことと「こうしてはいけない」ことの違いを説明しよう。
「こうしないといけない」とは、範囲を限定する。「こうしてはいけない」は、範囲を限定しない。
   この説明で、分かるだろうか。美術とは、限りない夢の追求を軸とする。範囲を限定されては、何もできない。範囲を限定しない「こうしてはいけない」という先人たちの経験と知恵の結晶が、ルールとして受け継がれている。

   それが、王道である。それを、正しい考え方という。

ただ、ルールだけでは、事足りない。当然、産み落とされた知識も必要である。したがって、「ルールと知識」が制作上のバイブルとなる。

   もし、この知識の方を、無視したとする。すると、例えば、簡単な話、透視画法に到達するのに、一生掛かってしまう。到達できないかもしれない。
   透視画法は学校の美術の時間で、学ぶので、少し大袈裟であるが、そういった、知識とルールは、今あるレベルから始めるのが、もっとも、合理的であり、時間の節約になることは、お分かりだろう。

   我々は、そのあとの積み上げをしなくては、ならないのに、わざわざ、初めに戻ることはない。もし、ルールが、どうしても、オカシイと思ったとしたら、それを、正せばいい。そういう、話である。

   ルールは、常に改定されるものである。今あるルールが、この先何百年も続くとは、誰も言ってない。300年も経てば、今ある我々は、立派な先人である。我々が、ルールを改定し、100年後に、200年後にと、その時代の人たちが、改定して、300年後に届くのである。

   そうやって、多くの才能と忍耐と努力の結晶が、絵のルールと知識となる。大雑把に言うと、今のルールと知識は、500年の歴史がある。500年の知恵の結晶である。

   この、ルールと知識を無視して世に出た天才は、存在しない。
少なくともルールを無視しても、知識までも無視したら、先ほどの話のとおり、一つ獲得するまでに、一生が終わってしまう。

   絵を描いている者は、先人たちの知恵、知識をを受け継ぎ、あるいは、否定しても、ルールと知識から離れることはない。
   ルールと知識を否定する行為は、無視するのと違う。改定しようとの試みにすぎない。前にあるものが、後ろにくるだけである。
   自分の夢を生きているうちに完成させるためには、この、ルールと知識から始めることが、必要不可欠である。

   だから、どう考えるのが、正しいか、その考え方、知識、ルールを絵画教室で教えている。絵画教室で教えている一番大事なことである。

   では、技術はどうかといえば、絵の世界では、二の次になる。なぜなら、時間が経てば自然に身に付くものであるし、努力すれば、何とかなるのが、技術である。
   努力すれば、何とかなるものと、努力しても何ともならないものとの、差は大きい。正しい考え方、知識、ルールは、努力では得られないのである。

   さて、ここでは、考え方、知識、ルールについて語らない。簡単には語れないのである。状況に応じて果てしなく、増え続けるため、この全カテゴリーの講義から汲み取って頂きたい。

   どういう考え方をすべきか、どういう知識があるか、ルールとは。それらを一つずつ学ぶうちに、ある日、全体像が見えてくる。その日が、いつやってくるのかは、私にも分からないが、全体像が見えた時、絵を理解したことになる。

   そのためにも、ただ、言えることは、正しい考え方をしていることが、大事である。絵には、横道という邪道が、数限りなくある。上野(今は六本木も)の展覧会場は、そのオンパレードなのである。
   つまり、正しいものと、そうでないものとが、一緒くたに展示されている。人々が絵が分からないというのは、この混在が、人々を混乱させているからに他ならない。
絵は、分かる人たちのためにあるとする考え方が、根底にあるので、一向に改善されない。

   だから、正しい考え方をしていることが、大事なのである。正しい道を歩けば、少なくとも、邪道は気付く。
   そして、いつか、理解する時が、来るかもしれないし、なかなか、理解できなくても、正しい道、つまり、王道を歩いている確信は持てる。
それは、大事なことである。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/196-51adb4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)