FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

人見知り少女 <エピソード>
   つい最近、火曜教室に、5歳の女の子が、入会してきた。

見学のときから、人見知りが激しく、私の顔を、まともに見れない。最初は、どの子も緊張しているので、笑顔を、出す子は少ないが、私に背を向けたままの子は、初めてである。帰るまで、その愛らしい顔を私に向けなかった。

   5歳児の母親の付き添いは、できないことになっているが、母親を通してしか、私と会話できないので、当分付き添ってもらうことにした。

   教室に、入会した最初の日、4人の火曜日の女の子と向き合うように、座らせた。来年小学校のKOちゃん、一年生のKIちゃん、二年生のSちゃん、四年生のYちゃんである。皆、親切な子供たちである。少しでも、皆と仲良くできるようにと、配慮したつもりが、裏目に出た。

   その子は、母親と一緒に座っているのだが、その子からすると、左右に二人ずつ、四人が座っており、皆から、見つめられている気がしたのであろう、人見知りの性格が、一気に、加速し、絶頂に達したのか、泣き出してしまった。母親の方を向いたまま、下を向いて泣いている。かたくなな少女の緊張を感じた。母親は、狼狽している。

   あとで、聞いた母親の話によると、知らない子ばかりが、知らないことばかりをしているので、圧倒されて、泣き出したらしい。なんにつけ、初めてに弱い子であると説明してくれた。
   その子が帰った後、他の子は、「かわいい!」と言って騒いだ。
   
   二回目に来た時、その子と母親には、別に机を用意し、壁に向かって座ってもらった。皆に背を向けている。それでも、私を見るのに30分掛かった。

   三回目の時に、大分慣れてきて、私と会話するようになった。
四回目の時に、来週は、母親が席を外すと言ってきた。その子も了解したらしいが、「今日からじゃない」と、母親の腕を掴んで離さない。大丈夫なのかなと、心に不安がよぎった。

   五回目の時、母親はその子を置いて、出て行った。今日は、水彩絵具を練習する「水彩の日」である。他の子と一緒の机に座らせ、水彩絵具の練習をさせた。

   さて、その子は、どうなったかというと、驚くなかれ、えらく元気がいい。もう、何年もいるような顔して、良く、喋った。ズーと喋りっぱなしである。他の子は、呆れて言う。「そういう性格してたんだ!」

   時間が来て、母親が、迎えに来た。
「どうでしたか?」

   その子は、ケロッとした顔で、帰って行った。私は、まだ頭の整理が付かない。

「こういうの、ありイ―?」
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/171-df85fe1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)