FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アートQ&A「鉛筆一本で何が描けるか?」<大人コース(初級)レベル>
   私は、小学生の頃から、よく絵を描いた。家には、水彩絵具はおろか、色鉛筆もなく、スケッチブックもなかったので、鉛筆一本で、何でも描いた。

   絵を最初に描く時、道具は何が必要かといえば、鉛筆一本で、間に合う。絵の道具の基本は、鉛筆かなとも思う。太い線、細い線、鉛筆をねかせて、背のところで描くと幅広く描けるし、こすると、ボカシもできる。

   「鉛筆一本で何が描けるか?」と問われれば、なんでも描けると、答える。
また、鉛筆の使い方が、上手くなれば、自然と、色の使い方も、上手くなる。一つのことを良く知ると、もう一つのことも見えてくる例えである。

   鉛筆でできないことといえば、水彩絵具のあの透明な面であろう。鉛筆でなんでも描こうとするが、さすがにできないことが分かってくると、水彩絵具の面の使い方も、無駄のない使い方をする。できないことを補うのだから、無駄がない。

   ものの上達とは、得てして、こういったものである。全てごっちゃに学ぶ方法もあるが、やはり、人それぞれであり、私は、鉛筆一本から学ぶ方法をお勧めする。

   さて、何から学ぶか?

落書きでも学べるが、とりあえず、左手を描く。指を色々な形にして描いてみる。もちろん右利きの話である。次に、足、両足を描く。それから、鏡を用意して、自分の顔を描く。自画像である。昔から、自画像をたくさん描く人は、絵が上手くなると言われてきた。

   最高のモデルは、自分である。どんな注文にも応じ、その上、決して文句を言わない。ひどい描き方をしても気兼ねがいらない。目がカメラ目線になってしまうことを、除けば、24時間OKなんてモデルは、まず、いないだろう。
   我が教室でも、自画像を描く人は少ない。本当はとても勉強になるのだが。

自画像が描けたら、少し遊んでみよう。スケッチブック上部に、左から右に向かって、線を引く。その下、またその下と線を何本も引くのであるが、ただ、それだけでは、意味がない。最初に左から右に線を引く時に、三センチ引いたら、変化をつける。

   例えば、最初の三センチは、普通の線、次は、波線、その次は、太線、ギザギザ線、丸みのある線、力を抜いた弱い線、強い線、ぼかした線、等々・・・・三センチごとに、考えうる変化をつけながら、下を目指す。

   これは、鉛筆一本でも、様々な変化を生むことができるという練習である。絵とは、変化の心地よい集まりである。この描き方で、変化、変化で下までいったら、一枚の絵を描いたことになる。

   もう、お分かりだろう。例え、鉛筆一本しかなくとも、絵は描ける。道具の特性、可能性、限度を知ることが、大事である。   
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/162-c2ca0882
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)