FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

宇宙人の描く絵  <エピソード>
  宇宙人が、絵を描いたらと、考えてしまう。

子供の頃、宇宙人の絵をたくさん描いた。タコのような火星人、ギョロ目の何とか人、頭からアンテナを出している、これも、何とか人。H. G. ウエルズの影響で、火星人はタコであるが、あとは、意味不明。

   あれから、何十年と経ったが、未だ、宇宙人の有無は、ハッキリしない。その間、様々な、SF映画が作られ、特にアメリカ映画の想像力には、舌を巻いてきた。
   この、驚くほどの、想像力と創造力、エネルギッシュな制作には、ただ、感嘆するだけである。

   しかし、彼らにも、余り力を入れない箇所がありそうだ。宇宙人の作り出すアートである。

   確かに、色々な映画の中に、それらしい、アートが登場する。例えば、有名な「エイリアン」-1の中で、他の天体の宇宙人が作った宇宙船のデザイン。内部のデザインなど、凝っているのだが、どうも人間臭い。

   鯨の腹の中を思わせるような、バカでかい内部構造である。そこら辺が限界なのであろうか。「エイリアン」-1は、よく出来た映画なので、頑張っているカンジはするが、完全に白を切ったものもある。最近では、エジプトなどの古代イメージが、はやりのようである。

   もっとも、多く宇宙人が登場するといえば、なんと言っても、アメリカのテレビドラマの「スタートレック」をおいて、他にないであろう。登場人物が、宇宙人だらけである。

   クリンゴン人、バルカン人、ベタゾイド人、ベイジョー人、フェレンギ人、カーデシア人、タラクシア人、オカンバ人、トリル人、クタリア人、ケイゾン人、デノビュラ人、アンドロイドのデータ少佐、流動体生物のオドー、半ボーグのセブン、緊急用医療ホログラムのドクター、など、切りなく登場し、人種と、その他生命体の坩堝であるが、地球の宇宙版ですと、初めから断っている気がして、違和感がない。

   各人種のデザインも、一生懸命考えましたというのが、微笑ましい。これはこれでいいとして、やはり、極めつけの宇宙人アートをハリウッドの想像力で、是非、作ってほしいとの勝手な希望がある。
   映画「マトリックス」を考え出した、ハリウッドである、宇宙人の作り出すアートも、想像力の限界ぐらいまでは、もっていけるのではと、期待してしまう。

   アートを形成するのに、何が必要かといえば、とりあえず、目と脳があれば事足りる。別に手で描く必要はない。何をどう捉えるか、が問題である。目がどう見るか、脳がどう思考するか、が全てである。
   目が四つあったら、複眼だったら、脳が、二つ以上だったら、人間の数倍も優れていたら、と想像にいとまない。

   この先、もし、宇宙人が名乗り出て、自分たちの文化を紹介するにあたり、彼らの絵が、その中にあったとしたら、どうなるのだろう。おそらく、人類の絵画史上最大の転機になるような気がする。

   人類の絵画は、各時代の天才たちの出現によって、方向展開し、前進してきた。しかし、宇宙人の中でも、ぼんくらな出来の悪い宇宙人が、絵を描いたとして、その影響力は、わが人類が誇る天才たちを軽く凌ぐことが、考えられる。
   彼らが、どういう人体構造をしているのかは、分からないので、彼らの真似は出来ないかもしれないが、与える衝撃は、想像を絶するであろう。

   昔、ヨーロッパの画家が、日本の浮世絵に、遭遇した時は、東洋宇宙人のアートだと、思ったかもしれない。ピカソが、アフリカンアートに出会った時も、アフリカン宇宙人のアートだと、思ったとしても不思議はない。

   ここらで、友好的な宇宙人に登場してもらい、宇宙視野で物を見たい気がする。宇宙人の描く絵、アートがあるなら、是非、見てみたい。その衝撃が、どう人類のアートに影響するか、確かめてから、死にたいものだが、何十年後だろうか?

   別に、宇宙芸術でなくてもいい。「地球人は、アホか!」というメモだけでも、我々にとっては、「アート」かも。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/157-bd0a9a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)