FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

スケッチのすすめ  <高齢者のための絵画指導・入門編>
   さて、ついでに、スケッチを描いてみましょう。

スケッチも手当たり次第に描くのが、一番いいです。スケッチは、絵ではありますが、練習画といいましょうか、日記といいましょうか、詰まるところ、上手く描けなくてもいいのです。記録すると考えるのが、一番適当かもしれません。

   その時その時を描くのです。日にちも入れ、簡単なコメントもいいでしょう。例えば、家のテーブルの上のお菓子を描き、<ネコちゃんが、狙っています>とか。

   一冊のスケッチブックに、絵日記のように、描き綴るというのは、どうですか。
絵は説明程度でもいいです。描き進んでいくうちに、知らず知らず、複雑なものも描いていることに、気が付くと思います。メモみたいな、スケッチは、実は、とても、絵の練習になるのです。

   例えば、水彩画を、少し大きめのスケッチブックに描いたとします。すると、どうでしょう、本人は無意識のうちに、かまえてしまいます。ちゃんと描かなければと、意識します。これが、厄介です。絵が描ける人でも、構えると、描けないことはあります。人間ですから、さあ、描こうと思った瞬間、描けなくなるのです。意識しているのですね。

   描けないと、自身を失くします。どうして、描けないのかが、ストレートに自分に帰ってきます。
   何かが、せき止めているのですね。意識した瞬間、何かが邪魔をする。

ところが、スケッチを描き慣れている人は、まず、手が動きます。頭では、抵抗しているのに、手が動く。描きなれるということは、そういうことなんです。手の意思が、頭とは違うことを考える。頭で考えたことは、いい時もありますが、このように、邪魔をすることもあります。
   大事なのは、習慣です。体が習慣を覚えていると、助けてくれるのです。

スケッチのいいところは、その、浸透性にあります。自分に対する浸透です。自然に、身に付き、その上、気楽で負担がありません。計画性もありませんので、気が向いた時に、気ままに、描くことができます。

   まずは、スケッチしてみて下さい。気楽に描きましょう。人に見せる必要はありません。自分だけの楽しみで、いいんです。だから、上手く描けなくてもいい。日記は、人に見せるために描く人はいませんから。

   そのうち、キチッとしたものを、描きたいな、ぐらいな気楽さなら、今日からでも、できそうじゃないですか。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/147-e8c1d697
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)