FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

絵のチェックの仕方  <大人コース(中・上級)レベル>
   制作中、どんな感じかになったかと、チェックすることがある。

大抵の場合、私が見たとこ皆、適当である。
   絵の制作には、主観と客観がある。主観で描き、客観で、チェックする、と考えるといい。制作中に、チェックする時は、後ろに下がって、見たりすることがあると思うが、その下がり方にコツがある。

   主観から客観に、スイッチを切り替える時でもあるので、絵を見ながら、後ろに下がってはいけない。これでは、スイッチが切り替わらない。絵に背を向けながら、できるだけ、別なことを、考えながら、下がり、振り返って、パッと見る。この一瞬が全てである。この、一瞬に客観が顔を出す。

   二秒後には、主観に切り替わっている。あとは、いくら見ても、同じ。客観ではない。ただ、主観で見ているだけになる。

   要点は、目を画面から切ることにある。その場で、もう一度チェックする時は、画面から、目を離し、また、勤めて他のことを考え、パッと一回だけ見る。
   この、作業は何回もできない。勤めて、他のことを考えること自体に、無理があるので、せいぜい多くて三回。

   これは、「仕上げ」のチェックの仕方と同じで、(「仕上げ」については、研究所レベルで解説する予定)主観と客観を渡り歩くことが、制作なんだということを、心に刻んでほしい。そういう心がまえが、絵のチェックの仕方に出る。

   これは、とても、大事なことである。<中・上級レベル>では、このぐらいの、意識は持っていてもらいたい。
   わが、教室の「中・上級レベル」も、これについては、皆、甘い。

   絵の技術には、描写技術と制作技術がある。これに、ついては、また、後日解説するが、絵を描く上での基本的技術が、描写技術であり、制作上の基本的技術が、制作技術である。
   これは、言い換えると、主観的制作と客観的制作ともいえる。絵のチェックの仕方は、制作技術に入る。

絵を描くには、この両方が必要であるが、特に「中級レベル」が、専ら、興味を示すのは、描写技術だけで、制作技術は、なんのことやら、なのであろう。

   制作技術を無視すると、どうなるかだけ参考に述べておこう。

簡単にいうと、中級者の普段の制作を書くだけでいい。
   まず、描写技術だけで、制作を進め、時折、チェックする。また、制作を続け、時折、チェックする。まあ、これを繰り返し、最後は、ジーと見て、こんなもんだろうと思ったところで完成。そんなところだろう。

   普通の制作に思うかもしれないが、制作技術が省かれているので、客観性に乏しい絵に仕上がっているはずである。つまり、チェックの段階で、主観と客観が、ごちゃ混ぜに、なっている。本人は、一度として、自分の絵と対峙していないことになるので、これでは、人の感想頼みになってしまう。
   運よく、上手くいったならいいが、第三者の冷静な目は、本人には、しんどいと思う。

一生懸命描いたのであろうが、方法がよくない。そのことに、気が付かないまま、「絵って難しいなア」と締めくくる。

   とまあ、こういう話しになる。中級レベルからは、制作技術も意識しましょう。意識するだけでも、効果はあると、思います。いずれ、制作技術については、詳しく述べますので、よく、読んで下さい。
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/141-69bebb91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)