FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

画面のいいとこ取り  <大人コース(中・上級)レベル>

   今週は、今日から金曜まで、大人コース(中・上級)レベルを書きます。土曜は、エピソードです。ご愛読を。


  画面にはあっちこっちに、美味しい部分が、出現する。


絵を描いていて、水彩、油絵に限らず、部分的にいい感じの所が、出来ることがある。これに、気が付くかどうかが、一つ。描き進めていくうちに、いい感じの所が出来る。これに、また、気が付くかどうかで二つ。


   確かに、制作には、事前に、制作イメージがある。制作イメージに合わないものが、画面に出現したら、必要ないと判断することだろう。多分、削り取るように、潰してしまう。


   もし、画面上に、制作意図とは関係ないものが、出現したときは、もし、それが、感じがいいときは、そこで、「ちょと待て!」と言いたい。


   気が付いたなら、ちょと待たなければいけない。気が付かず、一つ、二つ、と画面上から、消えていっては、余りにも、勿体ない。私は。生徒さんの絵から、そういった、感じのいい部分が、消えていくのを、何度も目撃した。


   画面上には、本人の意図するものと、意図しないものとが、混在する。それが、画面というものである。


   したがって、制作意図と、関係ない、いわば、偶然に出来た部分も画面上には、一時、存在する。これが、制作の秘密の一時である。これに気が付くか、気が付かないかが、その人の絵の出来具合を左右する。絵の腕は、この一時に出る。


   偶然出来た感じの良さは、まず、二度と画面上に現れない、と、思って間違いない。確率が極めて低い。


   絵は、美味しい所だらけで、作るものである。まず、これが、分かってないと始まらない。そうやって作るものである。


  どんなに高尚な考えの下に制作しても、考え通りにいくとは、限らない。むしろ、考え通りいかないという、考えから出発すべきである。画面上は実に不思議な場所で、考え通りに描けたからって、必ずしもいいとは限らない。画面上には、制作意図と、プラス・アルファが必要なのである。そのアルファは偶然の産物を意味する。


   画面上に出る、偶然に気が付くかどうか、「ちょと待てよ」と、画面を見つめ直せるかどうか。さらに、それを利用して、制作できるかどうかが、その後の制作を、決定するといっても過言ではない。


  画面はいいとこ取りで作る。このことを、肝に銘じよう。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/139-ea844c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)