fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

いたずら書きの効果 <キッズコース>

  今週は、今日から金曜まで、キッズコースについて、久しぶりに書きます。前回同様、エピソードではなく、美術的教育面からです。ご愛読を。  


   とにかく、子供はいたずら書きが好きである。


わが、教室でも至る所に落書きされている。机といわず、壁、カレンダー、下敷き用の新聞紙、自分のスケッチブック、隣の子のスケッチブック、消しゴム、鉛筆の表面、鉢植えの葉っぱ、トイレの中、ガラス。


  私のノートブックの余白まで落書きする、つわものもいる。


本来、注意すべきことなので、一応注意するが、私も、余りくどくは、怒らない。落書きは、私にも子供の頃の記憶としてある。大分怒られた。


   子供はなぜ、落描きするのであろうか? 


私が思うに、落書きほど、楽しいものはない。なぜなら、落書きには計画性がない。行き当たりばったりで、その時感じたこと、考えたことを、そのまま書ける。自由気ままで、束縛がなく、なによりリラックスできる。また、友達と楽しさを共有もできる。こんな面白いものを、子供が見逃すはずがない。  


  わが、教室も、その餌食になっている。鉛筆の削った部分に落書きした子もいる。紙コップの飲み口の縁に、落書きした子もいる。私の眼鏡に落書きしようとした子は、さすがに、怒った。


   このように、子供たちは、自由気ままに書く。子供の教室展で、落書き板と称して、大きい紙を板に貼ったら、やたら受けた。何度も貼り替えた。驚くほどの情熱を注ぐ。


  さて、ここで、面白いのは、落書きはなぜか、長続きしない。どうしてだろうと思う。子供は、ゲームを始めると、いつまでもやっている。ゲームは、ルールによって束縛されるのに、落書きはなぜか、長続きしない。自由気ままで、束縛がなく、リラックスできるのに、続かない。


  なぜだろう?


自由気ままで、束縛がなく、リラックスするものは、ちょとがいいということに、なりはしないか。教室の子供も落書きに飽きると、また、絵なり工作なりの続きを始める。また、束縛に戻るのである。


  子供は、自由と不自由の繰り返しが必要なことを、本能的に知っているのではないだろうか。


   そんな気がする。だとすると、子供にとって、落書きは、不自由と行き来するための、必要不可欠な要素なのでは、と考えられる。


  確かに、子供に、そこらじゅうに、落書きされたら、堪らない。それは、注意しないと、いけない。しかし、絵の領分から見ても、落書きには、発想練習、イメージトレーニング、感覚訓練ぐらいの効果はある。結構、栄養たっぷりなのである。 


  少なくとも、絵の観点から考えると、子供の落書きは、怒る理由はない。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/132-46a942e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)