fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2022年11月22日(火)
「教室日記」

絵画教室は技術の習得の場と考える人は多い。
しかし、私は技術はほとんど教えたことはない。

技術は慣れが生み出すもので、慣れれば技術は自然に向上する。
私が指導しているのは、伝達の仕方である。

絵は他のアート系と同じく一つの伝達手段である。
伝達は、ただ絵を描いただけでは伝達しない。
やり方があり、習わないと学べない。

この伝達の仕方を「絵のルール」と名付けると、
絵のルールは、一つだけ。

「画面上に気になる所を作らない」

では、何が気になる所かは、描いた絵によって、ダーと出てくる。





スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/1261-0aa2d12b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)