FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

アートQ&A「水彩は水の量が、大事と聞いたが?」 <大人コース(初級)レベル> 

   水彩は、紙と水の量が命です。紙は、水彩用のスケッチブック(中目・1500円~2000円で初心者は十分)を選べば、事足りますが、水は、その都度なので、厄介です。「水彩」という字は、「水で彩る」の意ですが、「水を彩る」と読みましょう。


    つまり、色のついた水を画面に染み込ませ、画面を彩ることです。画面に染み込ませるのが、水彩の大きな特徴になります。これは、当然、水かげんが、大事というわけです。


    まず、絵具をパレットに出したら、スポイトで水を数滴たらしましょう。筆でゆっくりかき混ぜ、絵具の濃さを確認しましょう。筆がちょとひっかるようですと、濃すぎ。また、ツルツルですと、薄すぎ。、スムースに筆が動けるのが、丁度いいとなります。


   これは、通常の濃さの、水の量のことなので、濃すぎ、薄すぎも制作意図によって、使えることになりますので、覚えておきましょう。


    さて、絵具を溶いたら、パレットの端で、少し水を切ります。それから、描きますが、最初に塗るときは、別に同じ紙を小さく切ったものを、用意しておくと便利です。それで、色を確認します。濃いなと思ったら、水を足し、また、確認する。


   すると、その、余分に用意した紙は、チェックの、痕だらけになります。これが、あとあと、例えば日を変えて描くときに、絵具の濃さの情報として、役に立ちます。


    画面には、鉛筆の下書きがしてあると、思います。水彩はこの鉛筆痕も、利用して描くので、これが、完全に消えてしまうようでは、色が濃いといえます。当然メリハリ上、強いアクセントを入れれば、鉛筆痕は消えるので、場所によることは、いうまでもないでしょう。


    水の量は、紙によっても、違います。水彩用のスケッチブックの紙は、厚さも色々ですが、さらに、荒目、中目、細目の種類があり、大体、見当もつくでしょうが、荒目は、結構、水を必要とします。紙の厚さにもよりますが、水の量が足りないと、表面に絵具が浮いたようになり、沈んでいかないのですね。


   いえることは、経験です。水の量は、経験によって、解決できますので、できれば、紙を何種類か試してみると、よく分かります。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/126-09643309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)