fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

体力と気力と金力  <エピソード>

        絵を描き続けるための、三要素である。これに、しいて、もう一つ付け加えるとしたら、才能である。


        実際、才能ほど、あやふやなものはない。あると思えばある。ないと思えばない。本人次第である。才能があったからといって、明るい未来は来ない。才能はなんの保障もしてくれない。ただ、言えることは、続けていくための理由であろう。


        絵を描き続けるための、体力と気力と金力、そして理由ということなんだろう。


自分の中を掘って、何も出てこない事を、才能がないという。これでは、何年も続けることは、不可能だ。続ける理由がない。好きというだけでは、プロの世界では、通用しない。


        私の最近知り合った絵の友人で、Oさんがいる。「俺は、天才なんだ」と初めて会った時に言った。面白い男だと思った。私もかって、同じような事を言ったことがある。「天才に会いたければ、目の前にいる」と言った。


     いまでは、大テレであるが、そのぐらいの気持ちは、持ちたい。自分を元気に出来なければ、絵は続かない。


         実際、体力低下が心配だし、当然、体力と気力は抱き合わせであるし、金力はもっと心配。無事なのは、才能だけか。


   ここで、先ほどの言葉、 「才能は、何の保障もしない」 やってられませんね。


そこで、一句、


「絵には、不安(フアン)がつき物」 そういうこと。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/122-00dbcdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)