FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2021年3月16日(火)
「教室日記」

わが教室は、基礎指導専門教室である。

デッサンの基礎指導は分かりやすいだろうが、水彩画や油彩画の基礎指導ってなんぞや?

と、思われる方は、少なくないだろう。

例えば、水彩画や油彩画、またはその他の基礎は、画面の作り方が基礎になる。

画面の作り方は、独学では学べない。
色々なケースに合せ、その都度、画面の構築の仕方を指導する。

カンナやノコギリの使い方を覚えても、家を一軒、建てることはできない。
つまり、家の建て方の指導までを基礎指導としている。

では、ほとんど全部ではないかと思われるだろうが、さにあらず、基礎指導の先には、応用編がある。

基礎指導が建て売り住宅なら、応用編は、注文建築になる。
アイデアが必要になり、当然、難易度が上ってしまい、さらに、個性をも求められる。
グ~ンと難しくなるわけだ。

わが教室にも、展覧会等に出品する人が数名おり、この方達が応用編になる。


絵の深さは底なし。
求めるといくらでも深くなる。
浅く学ぶのもよし。
深く学ぶのもよし。

要は
楽しめれば、絵を描いた意義がありますな。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/1188-93eceb8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)