FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

子供の頭の中  <キッズコース>

   小学一年ぐらいになると、大体、頭の中に、絵のパターンが出来ている。


これが、小学生未満だと、まだ、パターンが未完成なので、「自由に絵を描いてごらん」と言われるのが、一番困るらしい。ハッキリしたパターンがないため、絵が描けないのである。個人差はあるが、おおむね、該当する。    


   パターンとは、図柄のことである。以前、このパターンをハッキリと持っていた、小学2年生の女の子がいた。いつも同じような絵を描く。自分とお友達が、正面向いて立っている。ニコニコしていて、皆、スカートをはき、太陽がサンサンと輝いている。花はひまわり。大体、いつも同じ。自由に描く、自由画が得意であった。    


   この子は、このパターンをいじくられるのを、ひどく嫌った。例えば、模写を嫌がった。モチーフを見て描くことを嫌がった。自分のパターン化した絵に、注文を付けられることを嫌がった。頑固な子でもあったので、私に逆らい続けた。  


   パターンが出来ると、絵が面白くなる。自分を表現するものとして、願望や、夢、などを、繰り返し描くことで、自己満足する。同級生には、絵が上手いと言われ、親御さんは、「ウチの子は、絵が好きだし、上手い」と思ってしまう。子供の絵に拍車がかかる。


   しかし、そう、いつまでも続かない。やがて3年生、4年生ごろには、そろそろ飽きてくる。子供はパターンを変えることを知らないので、掘りつくしてしまう。そして、ある時、パタッと描かなくなる。    


   絵の教室で、しなければならないことは、明白である。この、パターンを一定にさせないこと、新しい情報を繰り返し、入力すること、更新すること。つまり、色々な絵を描かせること、色々な工作をさせること。見たものを描く、考えたものを描く、感じたものを描く、ものを立体で捉えること、立体の迫力、面白さ等々、面白いことは、たくさんあることを、教えることが仕事になる。   


   絵には、様々な表現がある。まず、それを楽しんでもらうことが、肝要である。

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/107-3d746669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)