FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

幼児の絵は、好きなように描かせるべし <キッズコース>          

   今週(火~土)は、キッズのことを、書こうと思います。エピソードではなく、美術的教育面からです。ご愛読を。  


   小学生未満の幼児に絵を描かせると、物の対比がバラバラなことがある。


例えば、人間がやたら大きく、建物が小さかったり、車やバスが、人間と比べて、すごく小さく描くことがある。また、色についても、好き勝手な色を塗り、親御さんを心配させることは、よくあることです。  


   わが教室に、初めて来る親御さんも、そういう心配ごとを言う人は、結構多い。「普通でない」ということらしい。   「普通である」ことが、良いらしいが、私が親だったら、大喜びするところである。  


   絵の世界で「普通でない」ことは、才能があることを、意味している。もし、その「普通でない」ことが、小学生、それ以上続けば、天才を意味する。   残念ながら、それほど、世の中も、絵の世界も甘くない。小学校へ上がる頃には、ちゃんと、修正され普通になって行く。  なぜか?  


   それが、成長というものである。小学生未満は、理屈で物を見ない。感覚で見る。感覚的に印象の強い物を、大きく描く。建物より人間の方の印象が強いから、大きく描く。  それが、彼らにとっては、正しい感じ方である。色についても同じで、感じた色を使う。それを、親御さんが、「違うでしょう」と直したら、彼らが感じたことを否定することになる。  


   彼らは、言葉もままならない。運動も同じ、字も書けない。ほとんど、唯一の表現手段が<絵>である。感じたことを描く。感じたまま描くことが、かれらの、メッセージであり、表現なのです。それを、そのまま、受け取ってあげれば、いい。   


   心配しなくても、大丈夫です。もし、万一、小学生になっても、無茶な絵を描いているようなら、ご一報を。もしかして、天才かも?

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/106-25b8f876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)