アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・7・25(火)
「教室日記」

  木曜キッズ教室の中学3年の女子、 ちゃんと、小学5年の  君が、図鑑にあったちくわを描きっこしていた。
  どちらが、上手く描けるか、競っている。

決着が着かない。


  いきなり、 T ちゃんが、私の所に来て、

「先生!  ちくわ描いて下さい!」
「先生は、焼きちくわ」
「難易度上げます」


笑った。

  サラダ用 3 本セットの小振りちくわより、1 本売りの焼きちくわのほうが、難易度が高いらしい。 
  知らなかった。


これが、芸術的焼きちくわなんだと言いながら、描いてみせた。
  ついでにサインも。

「先生!  やっぱり、上手いな❗」

  と言ったが、そのあと 、 君と、二人がその絵の取り合いになった。


私も 20 代の頃、映周先生に絵を描かせたことがある。
  カッパがヤカンの水を、頭の皿に掛けている絵だった。

映周先生の絵は、ヘタだった。

「こう描くんだよ」

  と、言って、
私が描いた絵を見せた。
  映周先生は、笑いながら言った。

「そう言えば、そっちの絵のほうが上手いな」

  ちくわもカッパも五十歩百歩。
どちらが上手くても、大差ない。

  しかし、私の人生で、焼きちくわを描くチャンスは、子供にねだられない限り訪れることはないだろう。
  焼きちくわは、なぜか、新鮮だった。

映周先生も同じことを感じたと思う。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/1032-5e747840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)