アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

2017・4・18(火)
「教室日記」
(真贋)

  真贋(しんがん)とは、本物と偽物のこと。

絵の世界で言うと、有名画家の偽物が出回ることは、ひどく日常的だ。
  テレビ番組の「なんでも鑑定団」でも、偽物だと、数千円になることがある。
では、絵の鑑定している人は、絵を描いているから、詳しいのだろうか?

  もっと言うと、

絵描きは、真贋の見分けがつくのだろうか?

  さて、皆さんは、どうお思いか?


結論を言えば、絵描きと鑑定人は、別々な職業ということ。
  絵描きは、いい絵と悪い絵の区別しかできない。
鑑定人は、本物としての善し悪しもあるだろうが、特定の作者、作品に対する造詣が深い。
  ほとんど、学者のような研究者だと言える。
絵描きは、その点、真贋に関しては、ほとんど役に立たない。

  そもそも、本物か偽物かに興味を持たないのが普通だ。
もし、限りなく本物に近ければ、それは、それでいい絵になるし、本物を越えたら、贋作のほうをホメる。
  
  ただし、絵のオリジナリティーという問題があるので、本物を越えても、価値は認めない。


スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/1018-e3c448fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)