FC2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子、伊藤悠里子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<教室日記>2017・2・21(火)
「教室日記」

  一昨日の日曜日に、武蔵境に行ってきた。

武蔵境と言っても、千葉の方にはピンと来ないだろうが、武蔵境駅の一つ手前の三鷹駅が、総武線の終点であり、東西線の終点でもあると言えば、お分かりだろう。

  教室のある西船橋から新宿を通りすぎて、さらに、10駅先。
エラい遠いが、私が小学4年から住んでいた、言わば、故郷。
  そこに、親父が今も住んでいる。


長野県の安曇に別荘兼アトリエがあるが、来月安曇に引っ込むことになった。
  それで、挨拶に行った。

御年 88才になる。
  親父であり、わが師匠の映周先生のことである。


安曇には、何回か車で行ったが、中央道をひた走るので、もう、10年以上行ってない。
  最近は、夜目が効かなくなり、夜の車でのお出掛けは、せいぜい、都内止り。

安曇に行くには、一晩中走り続けるので、ちょっと無理かなと思っている。
  電車で行くと、もっと遠いので、今回会ったのが、生きている最後になるかもしれない。


  映周先生には、絵のことのみならず、人生のことなど、様々なことを教わった。
ほとんどが、骨となり、肉となり今の私がいる。
  しかし、教わったことの中に、役に立ちそうもないことも含まれていた。

例えば、真剣の避け方とか、ヤクザの脅し方とか。

  映周先生独特のユーモアだったかもしれない。


 
人生は、常に押し出し式。 順番に押し出される。
  どうせ、押し出されるのなら、有意義な人生を送りたい。


映周先生が、かって言ったことがある。


「絵を描くために苦労してきたが、最後は、作品が残るからなぁー」


  そう言って、無邪気に笑っていた。



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/1009-b1f30dcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。