fc2ブログ
アート21教室日記
田屋優・・・・・・画家、現代美術作家  西船橋の絵画教室、研究所主宰               (掲載内容の無断転用禁止)
プロフィール

田屋優

Author:田屋優
「絵の多角的分析」を研究テーマに、様々な角度から見た絵の本質を分析解説する。
  画家・彫刻家、田谷映周を師匠とし、兄弟弟子に画家・彫刻家、田谷安都子。 自身の弟子に橋崎弘昭、大野まみ、萩原正子。
 
「西船絵画教室アート21
 アート21研究所」
http://www.art21japan.jp/

 南船橋ビビットスクエア・カルチャースクール絵画部講師、ウエルピア市川絵画部講師、カーサ・デ・かんぽ浦安絵画部講師、NONSTOP会員。
  

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ にほんブログ村 美術ブログへ

RSSフィード

<教室日記>2016・12・13(火)
「教室日記」

  来週の水曜日には、教室は冬休みになる。 

冬休みになると、すぐに、ジングルベルになり、大晦日。 
  あれよあれよで、除夜の鐘が、

「ゴ~~~ン!」


「明けましておめでとうございます。」

  と続く。 


あららーーーーー!



  火曜教室夜に受講するHさんは、今、ジョルジョと奮闘中。 
今というより、すでに、奮闘が長くなってしまった。 

  ジョルジョは、難物。 

顔がどうしても似ない。 
  デッサンは、そっくりに描くものでないが、そっくりに描きたくなるのが、人情というもの。

  Hさんの奮闘は、まだ続きそうだ。 



教室スタッフの大場さんは、身長165cmのおねー様。 

  おねー様という表現は、気を使ってのこと。 


このおねー様は、さらに、ハイヒールを履くので、地上170cmを超える。


「デカすぎ!」

  と、言ったら、普通と言われた。 



女房の後輩に、170cmの独身女性がいた。

  この女性を好きな男性が仕事場の同僚でいたが、身長が160cmにも満たない。 


その後輩女性は、その同僚男性を気に入ってない。 

  女房が、理由を聞いた。



「だって、頭のてっぺんが薄いのが上から見える」

「引いちゃうよねぇ~」


  
スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://art21japantaya.blog121.fc2.com/tb.php/1001-c78565ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)